世界に一つのJimmyJazz箸

 いつの頃からか、少なくともこの20年以上は自分の箸というものを持った憶えがない。割り箸か100均の箸か、そこらへんにあるものをいつも使ってきた。この正月に山代温泉の”ゆのくにの森”で輪島塗の体験があったので、マイ箸を作成することにした。鉄筆で箸の表面に傷をつけ、そこに職人さんが金粉を沈めてくれるこれは”沈金”という技法である。せっかくなので「ジャズ柄」にしてやろうと調子に乗って彫ってみたが、仕上がりはご愛嬌といったところか(^^;
 漆でかぶれるといけないから1週間は開けないようにと言われてたので、ようやく本日出して使ってみた。これで体験料1080円、家族もそれぞれ自分の箸を作ったので、旅の思い出とともに大事にしたい。


« ブログの遺言 | メイン | ジャズ代無料 »