ハッピーホリデー!

 クリスマスデイの今朝、目が覚めると枕元にこんなものが!(^^;

 開けてみると中身はお菓子だったけれど、家内に確認すると、長女が家族全員の枕元に置いてたらしい。嬉しい!驚いた!というよりも、わたしが寝てる間に寝室に侵入して枕元に置かれて全く気づかなかったことにショックを受けた。なんたる不覚!一家を守るお父さんが、侵入者に気づかず阿呆面晒してグースカ寝てるなんて!!
 長女にしてみれば、そら寝てる間に枕元に置きたかったから、起こさないようにそっと侵入するのは当然のこと。そうか、あいつもこんな小癪なことをするようになったかと、嬉しいような悔しいような、複雑な気分のクリスマスである。


« 1974年の大晦日 | メイン | 今日と明日が関ヶ原 »