『ホーム・フォー・クリスマス』はイイネ

 普段ならジャズかボサノヴァくらいしか買わないけれど、クリスマスアルバムとなるとつい基準がユルくなってポップスやソウルのCDをちょこちょこ購入してしまう。今年仕入れたもので意外と良かったのが、あの(!)ホール&オーツの『ホーム・フォー・クリスマス』というCD。
 正直なところ「’80年代で終わったグループ」というイメージが強かったのだが、やはり大物であるから、サイドメンも優秀だし録音だってすごくいい。音楽的に目新しいことはなくても、一流の仕事をしているなと感じた。
 しかしこれ、フィルタライザー&タップリベラメンテが効いてるからこんなに音が良いのだろうか?(^^;


« シンバルの不透明感 | メイン | USB-201復活 »