二代目J Jazz Brothers?

 現在美容学校に通っている息子の就職が内定し、このまま順調に国家試験に合格すれば、来年の春から美容師(理容師ではない)としてのキャリアがスタートする。このままニートになったらどうしようかと思ったが、これで一安心である(^^;
「おっ、後継ぎ誕生ですね!」とよく言われるけれど、息子が目指すのは美容師であるから、JimmyJazzの後を継ぐということではない。親子で一緒に働くと必ず喧嘩になるから、彼は彼で自分の好きなように店を作っていけばいいのだ。第一、朝から晩まで一日中ジャズを聞かされたら彼もたまったもんではないだろう。最近の政府のように国民の生活を型にはめて管理しようとするのではなく、将来の夢は自由に描いていってもらいたい。可能性は無限だ。頑張れ、息子よ!


« 年内の定休日は14日と21日 | メイン | シンバルの不透明感 »