フィルタライザーの逆巻き

 またシコシコとiTunesに入力しながら聴いているけれど、フィルタライザーの逆巻きの効果はあまり出てないようなので、また元の時計回り巻きに戻すことにした。時計回り巻きというのは、左が機器側だとすると、右のプラグ側から見て時計の針が進む方向に6回巻くということ。
 今度はちゃんとバックアップもしてから電源を落として巻きなおして起動。無事にiTunesも起動して鳴らしてみたらやはりこちらの方が音が良い。

 ついでにマッキントッシュのプリアンプの電源コードもフィルタライザーに巻いて試してみた。プリアンプのサービスコンセントから機器の電源を採っているので、大元に巻いたらさぞかし効果が出るだろうと思ったのだが、時計巻き、逆巻きとも肩透かしを食らった感じで大して良くならなかった。
 やはりパソコンの電源コードに使用するのが最も衝撃的で目の玉が飛び出るほど効いた。システムによってそれぞれ一番効く場所というのがあるのだろう。復旧作業をしつつ実験はさらに続く。


« またiTunesがぁあああ〜〜〜〜〜!!! | メイン | OHPフィルムにプリントする裏技 »