フィルタライザー時代の到来

 オーディオアクセサリーには使ってみてたしかに音が良くなるように思えても、正直なところ「調子いいときならこのくらいの音なら出そうかな?」という程度の物もある。もし試聴してるときがその「調子いいとき」だった場合、アクセサリーの効果はゼロなわけで、評価というのもなかなか難しいものである(^^;

 ところがこのフィルタライザー&タップリベラメンテときたら、当店のオーディオシステムではたとえ絶好調のときであってもぜーったいのぜったいに出るはずのないような音が出てくるので即降参してしまった。インフラノイズ製品はたくさん使ってきたが、これほど激変したものはかつてない。なんというか、楽器の音にぼんやりついてくる余韻が、フィルタライザー&タップリベラメンテをつけたとたん部屋中に轟く(!)ようになるのである。
 すごいのは余韻だけじゃない。古い録音でも演奏の説得力が俄然増してきて、これまで気にも留めなかった曲をいつの間にかじっくり聴いてしまっている。

 そこそこのお金をオーディオにつぎ込んできて、いい音が出ないわけじゃないけれど、高級オーディオ専門店で鳴ってる音とは何か違うと感じていた(わたしのような)人は、フィルタライザー&タップリベラメンテでいよいよその謎が解けるかもしれない。
 今月で当店も27周年、OSもiTunesもリセットされたことだし、気分も新たにフィルタライザー時代の到来だ。

※お得なリベラメンテWINTERセール開催中 2016年1月11日まで!

フィルタライザー&タップリベラメンテ関連エントリー


« タップリベラメンテの設置に注意 | メイン | 蘇る勤労感謝の日 »