高槻ジャズ

高槻ジャズストリートに行ってきた。高槻の街中が音楽で溢れる二日間。当店の休日と日程が重なるのはもう10年以上ぶりである。生演奏に対する飢餓感を満たすにはビッグバンドがよかろうとパンフレット片手に徘徊するが、どうもウキウキしてこない。やはりコンボ演奏がジャズらしくていいかなと思い直すが、これもイマイチしっくりこない。席を立とうと腰を浮かせたところで、ピアニストだけが交替、すると俄然音楽が活き活きと鳴り出した。
普段レコードで超一流の演奏ばかり聴いていて、理解できないのはオーディオの腕が悪いせいだとつい思ってしまうのだが、生演奏を聴いて面白くないのは、やはり演奏の腕次第なのだと気づくまでしばらくかかってしまった(^^;
それからは気持ちを切り替えて、これは合わないと思ったら即移動を心掛けて、あちこちの会場を愉しく聴いて回った。


« 音が近い | メイン | わたしがオーディオを好きな理由 »