オーディオはヘッドホンと違う

 オーディオに熱心な人の多くが、左右のスピーカーから出る音をそのまま耳に突っ込んでやれば脳内で合成されて良い音になるような、まるでヘッドホンみたいなイメージを持っている。だから左右のスピーカーとリスナーは均等の位置で聞かないとだめだとか言って、レーザー光線できっちり測ったりする人もいるわけだが、では実際にスピーカーユニットからのみ音が出ているかといえばそうではない。
 スピーカーの箱も振動して音を放射してるし、その音を反射した背後の壁、天井、床からも音が飛んでくる。これはまずいと思って絨毯を敷いたり、背後にカーテンを吊ったり、スピーカーそのものにフェルトを貼って反射を抑えようとする人もいるが、それで完全に反射音がなくなることはなく、カーテンの音や絨毯の音、フェルトの音が出てくるだけで、決して「無かったこと」にはならないのである。
 むしろ、スピーカーユニットから出ている音はほんのわずかで、我々はほとんど反射した音を聞いている。この反射音をどう聞かせるかが肝になるのだ。


« 試聴会の綱引き | メイン | 音が近い »