パワーリベラメンテ新発売キャンペーンのオマケ

 パワーリベラメンテ新発売キャンペーン大好評につき生産が追いつかず、最速でお届けしますと言いながら早くからご注文くださった方々にもお待ちいただくこととなり、たいへん申し訳ございません。発送までもう少々お待ち下さい。

 なにしろ当店の試聴用パワーリベラメンテもまだ出来てないので、どんな音なのかわたしにも皆目見当がつかない。それでもバンバン注文が入るのだからインフラノイズファンの期待は大きい。
 さて、パワーリベラメンテが着くまでこのまま放っておくのも気の毒なので、オマケといってはなんだがMasterの必殺音が良くなるテクニックを開示したいと思う(^^;
 このところJimmyJazzの音の調子が素晴らしく良いのだが、それは今年に入って”あること”を始めたせいなのだ(日焼けマシーンではないぞ)。

 音が確実に良くなるテクニック、それは掃除である。なあんだ、そんなの知ってるよという人も、マアマアちょっとおつきあい下さい。しようしようと思ってなかなかできないのがオーディオ周りの掃除なのではないかな。
 まず用意するもの、クイックルワイパーの本体クイックルワイパー ドライシート 40枚入。これをアマゾンでポチっと注文してください(近所のドラッグストアで買ってきても可)。クイックルワイパーが到着したら、まずMasterに二つの誓いを立てていただきたい。

(1)今日から毎朝クイックルワイパードライシートを一枚使ってオーディオ周りを掃除します。
(2)クイックルワイパードライシートは掃除で真っ黒になるまで捨てません。
 この誓いを守るだけで劇的に音が良くなるのである!詳しいやり方を述べよう。

 まず、ドライシートを一枚出してスピーカーの天板やバッフルの埃をそっと拭いてやる。そんなに丁寧にしなくてもOK。このときはまだワイパーに装着せず手に持ったまま雑巾のように使用する。次にラックのアンプやプレーヤー周り、これもざっとでいい。初日は結構な量の埃が取れるはずだ。シートが汚れてきたところでいよいよワイパーに装着し、スピーカー周りの床を拭いてやる。音波が一次反射する床がきれいだと驚くほど響きが良くなるのだ。
 ワイパーで一通り床を拭いてシートを見たら、おそらく真っ黒になっているだろう。シートを裏返して装着し、もう一度拭き掃除。裏面も真っ黒になったところでシートを捨てて掃除終了。5分もかからないと思う。これでオーディオを鳴らしてみると、なんとも清々しい音がするはずである。

 二日目からは、一日目ほど汚れてないのでシートもなかなか汚れない。そうすると昨日拭かなかった所を探して拭くようになってくる。この方法の良いところは、だんだん掃除が高度になっていくことだ。なにしろシートが真っ黒になるまで捨ててはいけないのだから、途中でやめたら使いかけのシートがどんどん溜まっていく。それに一枚10円以上もするシートをちょっと使っただけで捨てるのはいくらなんでももったいない。必然的に毎日掃除をしないといけなくなる。その結果、いつ聴いても音が良い、というわけだ。ささっ、どうぞお試しください( ̄▽ ̄;


« 日焼けで花粉症は治る? | メイン | 初めて見た3Dプリンター作品 »