アップサイド・ダウン

 インフラノイズの公式ページに面白いことが載っていた。
「このUSB/A-B変換器で再生音が神ゾーンに入れます!もう一本のUSBリベラメンテとUSBメモリーをこの変換器でパソコンに接続するだけです。」
 ということらしい。効果の程は各自追試をお願いするとして、じつはこのUSB/A-B変換アダプタはUSBリベラメンテを導入してすぐに購入して使っている。USBメモリーを繋ぐためではなく、USBリベラメンテの方向をひっくり返すためである(^^;
「音質が劣化するためアダプタの類をUSBリベラメンテに使うべからず」という発表があったので、怒られると思って黙ってたのだが、かく言うメーカーが使えというのだからもう使ったっていいだろう。

 さて、当店のリベラメンテケーブルはすべてメーカー推奨の繋ぎ方と逆方向に繋いでいる。正方向でも良い音だが、逆にしたほうがJimmyJazzのサウンドにしっくりくる。ところがUSBリベラメンテのみプラグの形状が上下で違うため逆接続ができないのだ。ならばAをBに、BをAに変換するアダプタを介せば逆になるではないか。理論上、USBケーブルを逆さまにしたって音が変化するわけないのだが、それが変わるからオーディオは面白い。
 外付けHDDとパソコンを繋ぐために2本目のUSBリベラメンテを発注したときも、同時に変換アダプタを2セット買って準備万端整えていたのだが、どういうわけが2本目は普通に繋いだだけでしっくり馴染んでしまった。アダプタもういらないや、という感じ。

 おかしいな?と思ってよ〜く見ると、外付けHDDの端子がBでパソコンに入るほうがA、HDDが上流でパソコンが下流と考えれば…。なあんだ、最初から逆になってるじゃん。


« 健康管理もたいへんだ | メイン | 12/15(月)・16(火)の二日間お休みします。 »