マスタークオリティー ~宇野功芳 企画・指揮~ 「有山麻衣子 幻のコンサート」新発売

マスタークオリティーはオリジナルマスターと同等の音質です!リマスター、CD盤の材質変更などによる向上とは比較にならない超高音質です。


マスタークオリティー
『有山麻衣子 幻のコンサート』(宇野功芳 企画・指揮 )


これほどオリジナルマスターそのままの音質のCDRが発売されるのは初めての試みです。
1)CDRメディアは現時点で最高クラスの太陽誘電社マスター専用CDR-74MYを使用,音質劣化の原因となるレーベル印刷は行っていません。
2)GPSクロックによるリマスタリングにて一枚一枚が等速度処理の手焼き仕上げです。
3)未編集のオリジナルCDRマスターからの作成です。
4)普及型ミニコンポによる再生音が数百万円クラスのハイエンドオーディオと間違われるような現象も起こります。

今回発売のCDはキングインターナショナルから2006年に発売された“有山麻衣子 幻のコンサート”の超高音質盤です。音質を最優先してリマスタリングしただけでなく、前回のCDとは異なり未編集のマスターから曲目とテイクを選択し直しました。曲順も曲目も若干異なっています。超高音質の根拠は市販CDのような量産プレスではなく一枚一枚が収録時間の2倍もの時間をかけて作成された手焼きのCDRであるという点です。市販CDが出来るまでには原盤であるマスターを編集、プレス工程の規格に合わせるためのデジタルコピー、変換が繰り返されて必然的な音質劣化を起こします。録音家が必死の努力で録音したマスターの音質がそのままCDになることは絶対有り得ないのです。写真家が撮影したネガフィルムをマスターと考えれば理解しやすいと思います。ネガフィルムからプリントを焼く、最初の一枚の鮮明なプリントが今回の超高音質CDRなのです。市販CDはこのネガフィルムを元に製版して最終的に印刷物となったものと同じです。音として出てくる形は同じですが色合いや立体感などのニュアンスは別物なのです。今回は録音当時と異なり超高音質のGPSクロックもあり、クロックの問題点などを見直し未編集マスターからリマスタリングした結果、マスターCDと比較してもプロの耳でもどちらがマスターか区別が出来ないほどの驚異的な音質が得られました。本物のマスターが複数の製品になることはまず不可能です。もちろん今回のCDRもマスターそのものでは有りませんが音質は同等ですのでオーディオ史上初めての試みと言えます。

CD量産プレスシステムではこのようにマスターの音質を維持できません。再生側でもなんとかマスターの音質に迫る再生音を得たいとの思いでハイビットハイサンプリング、DSD、メカニズムのリジッド化などCD再生音の向上を試みてはいますがまだまだ大きな隔たりがあります。もしマスターと同音質のCDがあったならオーディオの流れも大きく変わっていたことでしょう。録音現場で最終過程の市販CDとマスターの音質差に悩まされるエンジニアとごく少数のアナログ復刻盤やデジタル録音に詳しいオーディオマニアだけが気づいていただけです。オーディオの世界ではマスターの音質を知る人が少ないのはあくまで市販のCDやアナログレコードが音の入り口であるためです。

マスタークオリティーはハイエンドオーディオマニアのためのものだけではありません。ふつうの家庭用ミニコンポでの再生でもまるでハイエンドオーディオ装置のような音が出てきます。市販CD全てマスタークオリティーの音質であったならばハイエンドオーディオは存在しなかったかもしれないと言えるほどのものです。

キングインターナショナルから発売された当時は無名の新人歌手なのにクラシックというジャンルとしては驚異的な枚数、約5000枚の大ヒットとなりました。成功の理由は宇野功芳さんが指揮者として参加するという極めて例外的な企画だったことも大きかったと思います。宇野さんが有山麻衣子にぴったりなテンポとフレージングを作り出し、彼女の美声と優れた音楽性を最高に生かしたからでしょう。

今回発売の内容ですが超高音質のマスタークオリティーを保つために編集を行っていません。雑音の混入や不適切な音圧レベル設定もあり、多少のミスがある曲も新たに追加されました。音質が最優先のため現在入手可能な最高レベルのマスター用CDRを採用していますが、当製品はCDRですのでCDプレーヤーの種類によっては再生できない可能性が稀にあります。一般のCDのように表面印刷を行うことはかなりの音質劣化を起こすことを確認した結果あえて無地のままにしています。コンピューターなどで複製しても高いレベルでの音質は維持されません。CDRの録音面は傷に弱く、光によっても劣化しますので取り扱いには充分ご注意ください。


【収録曲】
1.摘草 小学唱歌
2.虫の声 小学唱歌
3.牧場の朝 小学唱歌
4.鯉のぼり 小学唱歌
5.我は海の子 小学唱歌
6.花かげ 作詞:大村主計 作曲:豊田義一
7.雨ふり 作詞:北原白秋 作曲:中山晋平
8.花嫁人形 作詞:蕗谷虹児 作曲:杉山長谷夫
9.七つの子 作詞:野口雨情 作曲:本居長世
10.みかんの花咲く丘 作詞:加藤省吾 作曲:海沼 実
11.リンゴのひとりごと 作詞:武内俊子 作曲:河村光陽
12.きいろいきいろい歌 作詞:サトウハチロー 作曲:中田喜直
13.月の沙漠 作詞:加藤まさを 作曲:佐々木すぐる
14.さくら 日本古謡 中田喜直編  
15.早春賦 作詞:吉丸一昌 作曲:中田章
16.母 作詞:竹久夢二 作曲:小松耕輔
17.子守歌 作詞:野上彰 作曲:団伊玖磨
18.庭の千草 作詞:里見義 アイルランド民謡
19.マリアの子守歌 作詞:宇野通芳 作曲:レーガー
20.春への憧れ 上山友昭:訳 作曲:モーツァルト
21.バルバリーナのカヴァティーナ「落としてしまった、どうしよう」
作曲:モーツァルト「フィガロの結婚」より
22.ツェルリーナのアリア「ねえあなた、おとなしくしていたら」
作曲:モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」より

有山麻衣子(ソプラノ),佐藤和子(ピアノ)
[OrthoSpectrum] 2006年3月18日ムラマツ・リサイタルホール新大阪(ライヴ)

発売日 2014年5月初旬
タイトル 宇野功芳 企画・指揮 有山麻衣子 幻のコンサート 
     マスタークオリィティー
品番 INF-5001
制作・発売 ㈱インフラノイズ
価格 5,500円(税抜き)/5,940円(税込み)


« マリー&ジョニー | メイン | 腰痛の家内とドリス・デイ »