モアシル・サントス(as,bs,arr,cond) 『Saudade』

モアシル・サントス(as,bs,arr,cond) 『Saudade』
 新たに仕入れたCDはどれも最初はヘビーローテーションでかけまくる。なかでも最近気に入ってるのがこのモアシル・サントスだ。ホレス・シルヴァーに紹介されてのブルーノート入り。ブラジル人らしく器楽演奏よりも全体の音作りに重きを置くコンポーザーで、なんといっても曲がいい。ラララララーで始まる「早朝の愛」[1]は香ばしいコーヒーの薫りがする。シルバーも取り上げた[6]は哀愁のメロディ。男女混声の[7]も可愛らしい。本拠地をカリフォルニアに遷してのLAシリーズは日差しも明るく都会的で心地よいサウンドだ。 ★★★★

1. アーリー・モーニング・ラヴ
2. ア・サウダージ・マッタ・ア・ジェンテ
3. オフ・アンド・オン
4. ザ・シティ・オブ・LA
5. サック・チャ
6. キャシー(Kathy)
7. ハプリー・ハッピー
8. アンフィビアス
9. ジス・ライフ
10. ホワッツ・マイ・ネーム

Steve Huffsteter (tp, flh),Benny Powell (tb), Morris Repass (bass trombone),Sidney Muldrow (French horn),Ray Pizzi (bassoon, alto, ts, flute, piccolo, bassoon),Jerome Richardson (ss, as, ts, bs, flute, alto flute),Moacir Santos (as, bs, arr, cond) Mark Levine (p, el-p, arr),Lee Ritenour (g) John Heard (b, el- bass), Harvey Mason, (ds),Mayuto Correa, Carmelo Garcia (congas, perc),Donald Alves, Mike Campbell, Jose Marino, Petsye Powell, Carmen Saveiros, Regina Werneck (backing vocals)
[Bluenote] United Artists Studios, Hollywood, CA, 5, 6 & 12,Mar.1974.


« 串カツランチ | メイン | モアシル・サントス(bs,vo,perc,arr) 『Maestro』 »