インフラノイズが高音質CD-Rを開発中

 インフラノイズが独自の技術で高音質CD-Rを開発中だ。試しに預けておいたデューク・エリントンのCDが、インフラノイズ技術によって複製されたCD-Rといっしょに送られてきた。うむ、たしかに音が良くなっている。元のCDよりも音が良くなるとはじつに不思議だ。これは市販されているCDなので限界があるけれど、マスターテープから興すCD-Rは、普通のCDとはまったく別物とのこと。ただしこれはパソコンのハードディスクにリッピングすると効果は半減、あくまでもCDプレーヤーでかけることが前提という。まずはインフラノイズがマスター音源を所有する有山麻衣子『幻のコンサート』がマスタークォリティーとなって近日発売予定。


« 盗作疑惑 | メイン | 全体を知るために一点を深く掘り下げる »