コンプレッサーの効能

コンプレッサーは、エレキギターのエフェクターとしても使用されている。圧縮をかけると、ピッキングの強弱が平均化されるから、ミスが目立たず、ギターが上手に聞こえるのである。ギターに限らず、楽器の上手な人は、小さな音でも太くハッキリした音を出せる。アナウンサーや声優、噺家、教師、政治家など、話すのが仕事の人も、上達してくるにつれて声が太くなり、聞き取りやすい声量で話せるようになる。これは、圧縮してダイナミックレンジを狭くするのと似ている。実際に、話し慣れない素人がラジオ出演するときには、そのマイクだけにコンプレッサーをかけていることがある。
オーディオ的には、ダイナミックレンジは広いほうが良いと信じられているが、音楽的には必ずしも悪ならず、といったところか。


« ダイナミックレンジの圧縮 | メイン | THE COFFEE TIME »