寒い日が続きます

 映画「のぼうの城」を観る。野村萬斎は三枚目の役でも飄々としてじつにかっこいい。水攻めの特撮もなかなかの迫力だ。テレビを見ながら勉強していた娘も、いよいよ受験の日が迫ってきて、これはまずいと思ったのか部屋に籠って最後の追い込み。がんばれ!お父さんはテレビ観てるけどな!(^^;
 読書のほうは久坂部羊著「廃用身」。脳梗塞などで回復の見込みのない四肢を切断するという禁断の治療に手を染める医師。そこには介護を取り巻く現状の悲惨さや、激痛を伴う不自由な手足の束縛があった。葛藤を抱えながらも、いざ切ってみるとあら不思議、老人たちは元気を取り戻し、徘徊癖や痴呆さえも開放に向かう。えっ、えっ、ええーっ??とドキドキしながら読んだ。


« 発酵のちから | メイン | REGZA 65J7 買うんならはよ買いなはれ »