たった一度の病い

 映画「ボクたちの交換日記」を観る。お笑い芸人と、その相方との友情物語。去年8月10日に観た、ほぼ同内容の舞台DVD「芸人交換日記」の迫力には残念ながら一歩及ばず。
 一月七日は昭和天皇崩御の日であるが、その翌日つまり25年前の1989年一月八日に、わたしは風邪で高熱を出した。JimmyJazzをオープンして二ヶ月、年末を乗り切ったところで気が緩んだのだろう。医者に診てもらい、「仕事できますかね?」と訊いたら、ばかなことを言うな、休みなさいと言われて店を閉めた。傍目には、「陛下が崩御されたから店を閉めて喪に服しているのだな」と見えたかもしれない。以来25年間、わたしは一度も風邪をひいていない、いや、軽いのは何度もひいてると思うが、少なくともわたしの病いで当店が休んだことは一度もない。ワーカホリックか?そうかもしれないな(^^;


« AB比較はつまらない | メイン | 染めてもすぐに白髪が浮いてくる、とお悩みの方に »