マイルス・デイヴィス(tp,syn) 『Decoy』
Amazonで詳細を見る
マイルス・デイヴィス(tp,syn) 『Decoy』

 貸しレコード屋ではじめて借りてきたジャズのレコードが本作と『カインド・オブ・ブルー』、そして『スケッチ・オブ・スペイン』だった。『カインド〜』はすぐさま気に入り、『スケッチ〜』は辛うじて理解できたが、本作だけはチンプンカンプンで、録音したカセットテープも即消去。いま[1]を聴くと、その素晴らしさに感激する。心臓の早鐘打つかごときトライアングルと、パラレルに進行するダリル・ジョーンズのベース。マイルスのミュートトランペットに絡むジョンスコのワウワウ。この怪しさがたまらない。30年越しで宝物になりえた大傑作! ★★★★★

1. Decoy
2. Robot 415
3. Code M.D.
4. Freaky Deaky
5. What It Is
6. That's Right
7. That's What Happened

Miles Davis (trumpet, synthesizer), Branford Marsalis (ss),Bill Evans (ss,ts,flute),
Robert Irving (synthesizer), John Scofield (g), Darryl Jones (electric bass), Al Foster (ds), Mino Cinelu (perc), Gill Evans (arr)
[Columbia]
A&R Recording Studio, NYC, June 30,
"Theatre St. Denis", Montreal, Canada, July 7,
The Record Plant, NYC, September 5,
The Record Plant, NYC, September 10, 1983


« 各地でリベラメンテ豊作 さあ、お祭りはこれからだ! | メイン | ナントカと梳鋏は使いよう »