iTunes11.0.3でジャケット拡大表示できない

 iTunes11.0.3がリリースされたというので入れてみたら、なんと、アルバムアートワークの全画面表示(拡大表示)ができなくなってるではないか!?

 な、な、なんちゅーことをしてくれまんねん!?ジャケット表示はたいせつです!当店では、今かかってるアルバムのジャケットがお客様にわかるよう、わざわざマルチディスプレイにして、ジャケット表示専用に液晶ディスプレイを一台あてがってるのだぞ!

 400X400位の大きさなら表示できるが、それ以上は無理。こういった不具合は、インストールして、しばらく触ってみないとわからないから困る。しょうがないので、ディスプレイの解像度を落として、多少大きく見えるようにしてみたが、それでもCDより少し大きいくらい。これでお茶を濁していたら、とうとう「何がかかってるのか全然見えへん!」という苦情が出始めた。

 マック専用のアプリで、拡大表示できそうなのはないか探してみたら、iTunesで演奏中の歌詞をデスクトップに表示する「Lyritop」というのを発見。これをインストールしてみたら、歌詞抜きでアートワークだけを表示することも可能。サイズも自由に設定できて、ようやくことなきを得た。

 それにしても、ジャケット拡大表示できないと怒る声が、まったくネットに見当たらないのが不思議である。こういう使い方してるのは、わたしだけなのだろうか???
 ちなみに、今のところ、当店で演奏中の曲の歌詞を表示する予定はありません。


« 雨音とボサノヴァを聴きながら…ナノクレンジング シャンプー 清涼タイプ入荷 | メイン | SPリベラメンテ近日発売 »