イーデン・アトウッド(vo) 『Turn Me Loose』

 先月から向かいの病院に入院中で、2〜3日に一度、洗髪とシェービングにいらっしゃる高齢の紳士。今日で5度目の来店だ。今朝もイーデン・アトウッドの『ターン・ミー・ルース』をノリノリでかけながら髭を剃っていたら、
「この音楽、ジャズというんですかな?」

 は、はい。(しまった!ちょっと音が大きすぎたか!?)
「最初はわからんかったが、ここに来てるうちにだんだん心地良くなってきましたわ」
 ホッと胸を撫で下ろした。

Amazonで詳細を見る
イーデン・アトウッド(vo) 『Turn Me Loose』

 いわゆるジャズシンガーの余力をたっぷり残した唄い方とは違い、イーデン・アトウッドは熱狂的に、全身全霊で唄い切る、どちらかというとポップスやロックの唄い方に近い(実際にiTunesではジャンルが「Jazz」ではなく「POP」と表示される)。[2][3][7][10]等、カビの生えたような古いスタンダードを、ピアノトリオをバックに痛快な歌唱力で聴かせる。これが滅法気持ちいい。バッチリ決まれば高級オーディオのデモンストレーションにもよさそうだ。 ★★★★

1. ホーム
2. ドント・フェンス・ミー・イン
3. アイ・ガット・イット・バッド・アンド・ザット・エイント・グッド (I Got It Bad)
4. エイント・ゴナ・レット・ユー・ブレーク・マイ・ハート・アゲイン
5. ミス・セリーズ・ブルース(シスター)
6. ピュア・イマジネーション
7. イル・ウィンド (Ill Wind)
8. トゥルー・ノース
9. ガール・トーク
10. ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニモア (Don't Get Around Much Anymore)
11. ザ・ベスト・イズ・イェット・トゥ・カム
12. アイル・クローズ・マイ・アイズ (I'll Close My Eyes )
13. レイジー・リヴァー

Eden Atwood (vo),David Morgenroth(p,arr),Chris Colangelo (b) Joe LaBarbera(ds)
[SSJ] Recorded at Umbrella Media (Chatsworth, CA) Mar 12 - 14 .2009


« 季刊analogに『EAR新製品を聴く會』の広告掲載 | メイン | いつでもどこでもJimmyJazz »