5月6日(祝)JJ工房『EAR新製品を聴く會』

 白黒印刷なのに、プリンタの赤と青のインクがやたらと減りまくる。こらいくらなんでもおかしいやろ?とキャノンのサポートセンターに電話したら、Mac OS10.8用の最新ドライバーをインストールしてくださいとの答。なんだこんな簡単なことだったのか!?おお、これでようやく印刷の速さと画質がコントロールできるようになったぞ。やれやれ。Macも馴れないうちは苦労が絶えないな。

 さて、ゴールデンウィークに、JimmyJazz店内でオーディオイベント”JJ工房”を開催します。

5月6日(祝)14:00~16:00
場所:JimmyJazz店内 

 今回は、ヨシノトレーディング主催『EAR新製品を聴く會』。V12、AcuteIIICD、DACute、クリアーオーディオ Concept、ディアパッソン Astera 等、一式全部持ってきてもらって良い音を聴かせてもらいます。

 さらに当店のJBL4343をドライブしたり、GPS-777のクロックを入れてみたり、JJ
工房ならではのスリリングな実験も。お好きなCDソフト、アナログレコードをご持参ください。鳴らしてみたいアイテムの持込みも歓迎いたします。初めての方もご遠慮なくどうぞ。

 入場者数に限りがあります。参加希望の方は、電話(AUSIC 06 6681-8863 )またはJimmyJazzのWEB先行予約ページより”5/6 JJ工房参加申込”をカートに入れてお申し込み下さい(会費無料)。


yoshino


« 真の音楽好きのためのオーディオケーブル | メイン | 「ジャズとよい音の関係」アーカイブ一挙公開 »

コメント

サウンドリマスターRMS-1000は依然として外せずにメインのディジタル再生ラインに残っています。マグナライザーやムジカライザーや、このブログでさんざん叩かれたUSB-5も。その時のAquiraxさんを思い出して「歩く人柱」どころか「説法する人柱」のパーフォーマンスに期待しています。AR-3000を使っているオーディオ仲間、DR-3000をお使いの村井さんもおられます。いっときオーディオ誌の賞をとってすぐに消える使い捨ての泡沫製品が多い中、これらは渋い演技のバイプレイヤーみたいな存在です。

投稿者 酒仙坊 : March 26, 2013 05:52 AM

昔から「歩く人柱」とか呼ばれていたように記憶しています(爆
「ドミンゴ・エステソ」が愛称で、「デジタルアラインメント」というのが機器の意味を表す名称のようです。
どっちにしても、まだ謎の機器です。
効果があってもヒットしなかった「サウンド・リマスター」の二の舞にならないためには、製品化する前に人柱が必要かもしれませんね。
ただし、効果があるとすぐに大騒ぎするAquiraxは一番不適任ですが、いいのかな(^^;

6日は参加出来ないと思いますが、CDでギターの利き酒やっておきますので、よろしくお願いします。

投稿者 Aquirax : March 25, 2013 08:17 PM

下記にコメントする欄がなかったのでここに書かせていただきます。突如「ドミンゴ・エステソ」の名前が飛び出して驚きました。河口無線で偶然見つけて買っていたTACETのCDでギターの聴き比べの中にドミンゴ・エステソが入っていたからです。TACETの同じシリーズのCDでヴァイオリンとピアノの機種の聴き比べについては機器やケーブルの評価に使ってきました。即ち、ストラディバリウス、ガルネリ、ガダニーニ、ヴィヨーム、アマティなどの判別がきちんとできるかどうかなど、機器やケーブルの評価に使用してきました。GPS-777やディジタルリベラメンテ、CCV-5さらにはクロックリベラメンテが追加された現在、これらのCDの意味がなくなってきて、最近はもっぱらBS録画などを用いて、同じストラディバリウスでも、ギル・シャハム、諏訪内晶子、庄司沙耶香、レイ・チェン、神尾真由子などが使っているストラディバリウス同士の間の違いが分かるかどうか、生演奏の記憶との間にギャップがないかどうかに興味が移ってきたからです。
話を元に戻すと、現状でもこのTACETのCDの聴き比べでは、ドミンゴ・エステソの他、アリアス、フレタ、エルナンデス、トーレス、ラミレスなどの機種の判別が十分に可能です。このCDで聴く限り、アリアスの甘い音、トーレスの豊かな響き、エルナンデスの優雅な音もいいですが、ドミンゴ・エステソは他に比べてダイナミックで胴の豊かな響きもありながら、切れ味が良いというか、ピックの瞬間が見えるようです。このCDではギターの歴史、製作者の経歴などが英独仏3か国語で解説されています。
クロックリベラメンテでGSP-777のクロック入力ができるようになった現状で、正体不明の「ドミンゴ・エステソ」なる新製品が必要なのかどうか疑問に思ってはいますが、一方では、何か目新しい技術の展開があるのかどうかという期待もあります。ここは、一つ最初に食いついたAquiraxさんに人柱になっていただくことを期待しています。
ご興味があれば、当日参加できなくても、TACETのCDをお貸しします。

投稿者 酒仙坊 : March 25, 2013 12:06 PM