真の音楽好きのためのオーディオケーブル

 花の都パリ在住のインフラノイズユーザー、Ginger様より、リベラメンテケーブル(DGL1.3-BNC,CKL1.3-BNC)の感想が届いたのでご紹介します。
 海外発送はしていないにもかかわらず、あの手この手でインフラノイズ製品を取り寄せる熱烈ユーザー様で、今回はご友人がパリに出張に来るタイミングに合わせてリベラメンテをご注文。ご友人には運び屋となっていただきました。どうもすみませんでした。


Master様

昨日、出張でパリに来た友人よりクロックケーブル、デジタルケーブル2本を受け取りました。
出張に間に合うように手配いただきありがとうございました。
いままでDGC-B5を1本持っていただけなので、今回がリベラメンテデビューとなりました。
折角なので、デジタルだけをまずは交換(いままで他社のケーブルを使っていたところ。某ショップで世界一と言われて購入)。
直ぐに分かる音の変化。
USB-201, GPS-777, CCV-5と導入して来ましたので、インフラノイズが目指す方向性が分かっていることもあり、どのような方向の音になるかは想像出来ましたが、またしてもその伸び長が予想以上です。

多くの方が言っておられる通り、音が分離し、あいまいさがなくなったのが分かります。
何かを足しているのでは決してないので、これは引き算的に余分なものを取り除いている結果ではないかと今回改めて感じました。
悪い影響を及ぼすものを取り除き、影響を受けてしまったところを元に修復し、元々入っていた情報をそのまま聴くと、ほらこんな音ですよ、と言った感じです。

・ボーカル、楽器それぞれの持つ素材感が増す
・演奏者の意図が伝わってくる
・静かなところは静かにダイナミックなところは躍動感豊か
これって、生演奏だと当然感じる点ですね。
想像していなかったのが、音が分離した結果からか特に大編成のクラッシックもののステージが大きくなったように感じられたことで、これは新たな発見でした。
平面的で大人し目の絵を、躍動感・起伏のあるより大きな絵画(飛び出す絵本のような?)を見ているような感じになりました。

翌日、待ちきれず、クロックケーブルを接続。想像通り、同じ方向性に更に伸び大幸福(こんな日本語はありませんが、伝わりますでしょうか)。
クロックケーブルで伸びた分も他のインフラノイズ製品との相乗効果であるのは歴然。
新製品開発の情報もありますし、まだ導入していない製品もありますが、引き算的発想の製品も足し算出来るので安心して追加出来ますね。
クロックケーブルのUSB-201への使用、アナログリベラメンテなどまだ導入余地があるので、これは今後の楽しみに取っておきます。
ブラボー、リベラメンテケーブル!
真の音楽好きのためのオーディオケーブルだなあとつくづく思います。

Master様、インフラノイズ様、どうもありがとうございました。
これからもお世話になります。

パリのGinger


※LIBERAMENTE 関連エントリー


« 二本目のCKリベラメンテ到着 | メイン | 5月6日(祝)JJ工房『EAR新製品を聴く會』 »

コメント

http://youtu.be/vZ_E1fDQCbk
ギターだと、これなんか鳴りにくいジャンルですね。
このCDをお客さんに頂いたのですが、最初はまるで鳴らなくて困りました。
CKリベラメンテのおかげでかなり鳴るようになってきましたが(^^;

投稿者 Master : March 20, 2013 08:32 PM

ほら、やっぱり出来てるんだ。
出し惜しみなんかして、ずるいじゃないですか(爆

>立ち上がり
>パルス
リベラメンテシリーズを追っかけてきて、これを求めない人がいたらもぐりです!
さらに先があることが驚きですけど。

投稿者 Aquirax : March 19, 2013 04:45 PM

ドミンゴ・エステソを使ったCDを引っ張り出してスタン・バイできています。ハイルドライバーの上にムラタのセラミックツイーターを働かせた現状で十分なように感じていますが。先がお楽しみというところ。

投稿者 酒仙坊 : March 19, 2013 04:24 PM

いつもお世話になります。
ありがとうございます。
ドミンゴエステソですが、具体的な内容については
申し訳ありませんがまだ発表できません。
しかし開発についてはほぼ終了していて、実際の皆様の
オーディオ装置にて必要なものになり得るかどうかという
調査の段階です。特殊な聴き方、狭い範囲での価値であるなら
販売を再検討する必要があるからです。

ドミンゴエステソとはクラシックギターの銘器の名前ですが
とくに立ち上がりの早い素晴らしい楽器です。
ヴァイオリンとは違い撥弦楽器ですので一発のパルスが
大事でオーディオ装置では再生がもっとも困難なものです。
音程のない打楽器の音の再生がとくいな装置であっても
音程の伴う打楽器ではないが発音が打楽器的なギターの
生音の再現は出来ません。

このようなことまで皆さんが求めておられるのか、
またそれが皆様の装置で再現できたらどう感じられるのか
これが調査中の課題です。

発表が先行してご迷惑をおかけしていることをお詫びいたします。

   ㈱インフラノイズ  

投稿者 お世話になります : March 19, 2013 01:34 PM

まるで実態のないものではなくて、「ドミンゴエステソ」が鳴るというコンセプトみたいですよ(^^;

投稿者 Master : March 19, 2013 12:33 PM

>新製品開発の情報もありますし
確かに、インフラノイズのサイトによると「デジタルアラインメント」「ドミンゴエステソ」という新製品が控えているようです。

ところが、名前は発表されたというのに、いったいどんな製品なのかは皆目わかりません。
今まで、試作品は存在しても「名前はまだ無い」という「我輩は◎◎である」みたいなケースが多かったような??
旨いお酒を飲んで、気分良く名前だけが先に決まった、ということなんでしょうか(爆

投稿者 Aquirax : March 18, 2013 05:52 PM