ジャケット表示はたいせつです

 Now Playingすなわち、現在演奏中のアルバムアートワークを掲示するのは、「ジャズの店」にとってたいへん重要なことだ。客が見てようと見ていまいと、そんなことは関係ないのである。店の責任として、何をかけてるのかをきちんと提示する。そういう姿勢がだいじなのだ。

 あっちにもこっちにも同じジャケットを同時に表示、なんてこともできなくはないが、そうなるとちょっとやり過ぎ。いかにも「見ろ!」的な表示だとかえっていやらしい。たとえ色っぽい女性のジャケット写真であっても、ジャズファンたる者、ガン見はいかんよ。ガン見はちょっと恥ずかしい。さりげなく、チラ見で「ああ、アレね」と確認できるくらいがちょうどいい。

 当店では、散髪>ジャズ>オーディオ>パソコンと、優先順位がかっちり決まっている。いくらテクノロジーが進歩して便利になっても、この順位を逆転させてはいけない。パソコンは一番の下僕でなくてはいけないのである。

 さて、外付けHDDにまとめてあった音楽データ。Macならばそのまま使えるというので 、iTunesにインポートしてかけてたら、所々アルバムアートワークが消えている。
しょうがないので、ネットで探して貼り付けようとするが、どういうわけか貼り付かないではないか。

 いろいろ原因を探ってみると 、WindowsでフォーマットされたHDDは読むことはできても書き込みができないらしい。そうか、だからアートワークが貼り付かないのか。しまった〜!!
しょうがないので、休ませていた1TBの外付けHDDをMac用にフォーマットしてデータを大移動。 まだまだ他にも問題がてんこ盛りである。

 初心者には簡単に使えても、WindowsでやってたことをそのままMacに持ち込もうとすると、ややこしいことこのうえない。いっそのこと、全部一から作り直すほうがはやいかもしれない。


« 新しいトランスポートです | メイン | CKリベラメンテでCDプレーヤーはパソコンを超える! »

コメント

大容量HDをFAT32にフォーマットするときは
mac側でやるといいみたいです。
でもいいなーmacmini。
次はwinと思ってましたが心が揺らぐw

投稿者 ぎんたろー : March 8, 2013 01:06 PM

おお、そうだったのか!?
もう一度2TBに引っ越す予定なので
そのときにFAT32でやってみます。

投稿者 Master : March 8, 2013 10:33 AM

もう遅いかも知れませんが
FAT32形式でフォーマットすると
win・macとも読み書きできるので
両者をネットワーク接続するときとか
何かと便利です。
レイアウト崩れはフォントの問題の可能性があります。
ms明朝とかwin用フォントのmac版を
インストールしてみては?

投稿者 ぎんたろー : March 8, 2013 09:41 AM

WordやExcel等で作った印刷データは、
Mac用オープンオフィスで開くとほとんどレイアウトが崩れて使い物になりません(^^;
WEB予約の一括登録用CSVファイルは文字化けするし、
顧客データベースとかも…ああ〜〜〜めんどくさ〜〜〜!!
(顔文字も手動)

投稿者 Master : March 6, 2013 04:29 PM

どっひゃーっ!!!!

心の中で「いつかはMac」と思っていたんですが、実際乗り換えてみると、いろいろ厄介なことがあるんですね(;^_^A

投稿者 村井裕弥 : March 6, 2013 04:11 PM