CKリベラメンテただいま好評発売中

DGリベラメンテとの違いは、プラグの根元がクリアーな樹脂(DGはブルー)

昨日、映画「婚前特急」を観てたら、「このケーブル、全然違うんだから!」と、言いながら、オーディオケーブルを繋ぎ替えるシーンが出てきて苦笑してしまった。

時を同じくして、クロック専用デジタルケーブル"CKリベラメンテ"発売となる。販売を開始するや、ものすごい数の注文が入ってきて、のんびり映画を観てるばあいじゃなくなった。

待ちに待っていたと思われる常連さんばかり。まだできたてホヤホヤの新製品で、わたしの他は誰も音を聴いてないはずなのに、こんなに注文があるなんて。「裏切られることは無いだろう」という、ファンのインフラノイズにたいする信用のたかさが窺える。

毎回、真面目にPassedシール上流の順送りで繋いでから逆接続を試すのだが、さて、今回はいきなり逆接続でいってみよう。かけるソースはアート・ブレイキー、『サンジェルマンのジャズメッセンジャーズ』から、「チュニジアの夜」だ。

ケニー・クラークとブレイキーのドラムソロがフューチャーされ、冗長になりがちな演奏だが、これが素晴らしい。スティックがシンバルに接触する瞬間、若干の「粘度」が感じられる。まるで黄金のシンバルを叩く如しである。

他社のオーディオアクセサリーを使うと、今まで注意が向かなかった音がハッキリ聞こえて、誰が弾いてるか名前も知らないような伴奏のピアノの音が良くなったりするけれど、インフラノイズのばあいは、主役のソリストの表現力がググッと増してくる。
もちろん伴奏の音も雑音もよく聞こえるようになるのだが、CKリベラメンテは、演奏者が、ここを聴いてほしいと呈示する、そのポイントを的確に表現するのである。

よく知ってる、聴き慣れたソースほど効果絶大で、本来の音はこうであったのかと愕然とする。思わずもう一本、CKリベラメンテを注文してしまったではないか。

メーカーも、予想外の大量受注に、若干パニック気味のようである。少々お待たせしてしまうが、ただいまCKリベラメンテ好評発売中。

※LIBERAMENTE 関連エントリー


« インフラノイズの公式サイトが出来ました | メイン | MasterはBarberに居る »

コメント

クロックリベラメンテをどこのクロック入力に使うべきか、当方もDCG-B5を比較対象にいろいろやってみました。トランスポート(EMT982、SA11S2)、リクロッカー(CCV-5、CRV-555)、DDコンバーター(USB-201)などです。結論は「どこに使っても良い、そして全部に使いたい」ということです。とりわけUSB-201とCCV-5に使うのが効果的でした。
そしてGPS-777だけでなく、ABS-7777からのクロック入力に使っても良い結果が得られたので、おそらくインフラノイズ製品以外の製品でも良い結果が得られると推測されますが、ベストマッチングはGPS-777であることには間違いはなさそうです。
音源は無伴奏ヴァイオリンからフルオーケストラまで幅広いクラシックのジャンルですが、難物のブラームスやシューマンの室内楽がこんなに芸術性溢れる楽しいものか・・・と思い知らされます。室内楽特有の協調と競い合いのような緊張感が素晴らしい。
2本目入手を希望していますが、どうやら待たされそうな雲行きです。
クロックジェネレーターとクロックケーブル聴き比べ情報が下記にありますが、すべて高価です。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/4f/clock_event_report.html
クロックは高くつく・・・そんな常識をGPS-777とクロックリベラメンテは変えてくれるのでは?

投稿者 酒仙坊 : February 21, 2013 01:43 PM

おおっ、まさにJimmyJazzの壁だ!
シックなイメージはそのままに明るくなって、良い感じですね。>背景

さてさて、
3本必要なクロック用の内、まず1本を、ということで発注したクロリベが到着。
ドキドキ・・・ドキドキ・・・

最初はGPS-777からCCD-6へ行く最上流の1本を交換。
明瞭で垢抜けた音のベルデンからの交換でどうかな?と思っていたら、
また、当たり前のように明瞭度が上がりました(^^;
音色などはあまり変化がなく、声のニュアンスなどでわずかに深みを増しているのが判ります。
CCV-5の追加やデジリベの効果が、クロリベでさらに上を行くのだから驚きです。

ただ、この箇所は今一つ効果が遠い?感じもします。
大元が良くなるのは大切ですけど、ストレートパンチが欲しい。
じゃあと、2台のCCV-5の内、DACに近い方に使ってみます。
やはり、こちらの方が効果が直に感じられます。
しかし、今度はボディブローのように効くパンチが欲しくなりました。
耳が贅沢になっとるのか、耳がパンチドランカーというのか????
はじめから3本頼んどくんだった、と後悔しました。
今回の1本は最速で届いたんじゃないかと思います。
次の2本はちょっと待たないといけません。注文が殺到しているようですので。

音響的激変系?アクセサリのような変化を聴こうと構えていると、
肩すかしをくらうかもしれません。
ところが、灰汁が抜けてスッキリしつつ旨味が出るスープのようで、
この上品でいて野趣もある味わいの音楽を覚えると、もう元には戻れません。
いや、これは、元々の音楽にあるライブ感が濃く深く出てきたわけです。
ソフトをかけ替える度、まったく違う表情が現れます。
音楽的だからオーディオ的でないか、と言えば、これこそ本物のオーディオと断言できます。

投稿者 Aquirax : February 20, 2013 07:48 PM

いやそれは予算の許す範囲内で...(笑)
おそらく今回ご注文のぶんだけでも
かなりビックリされるとは思いますが(^^;

投稿者 Master : February 20, 2013 07:16 PM

Master様
前の前の記事で速攻(ソッコー)二本目注文されてましたね…二本目… 欲しくなりましたか(追求するような感じでww)

我が家にはUSB-101とCCV-5経由のCDPがあり、現在その二つに777さんがクロックを供給しています(ABS-7777はお休み中) そんでもって、実はBRのデジタルアウトもDAC-1に入っており、将来、こいつにもクロックをかけてやりたい(もうなし崩し…)その時のケーブルはどうするんだとか、そんな事を考えると もー いてもたってもいられなくなります(笑)

 どうしましょうううううぅ

投稿者 札幌のSさん : February 20, 2013 06:15 PM