インフラノイズよりクロックリベラメンテ[CKL-1.3BNC]新発売
Infra Noise Laboratory CO.,LTD.
ORTHO SPECTRUM

音楽録音再生専用クロックケーブル
CLOCK LIBERAMENTE
CKL-1.3BNC

CKL-1.3BNC

取り扱い説明書

 音楽用語で「自由な表現を」という意味の、「LIBERAMENTE(リベラメンテ)」と名づけたアナログインターコネクトケーブル、およびデジタルケーブルは、オーディオファイルの間で最高の評価が得られました。このリベラメンテシリーズのクロック専用ケーブル、クロックリベラメンテを完成しました。アナログリベラメンテ、デジタルリベラメンテと組み合わせて使用すれば、リベラメンテトリオが互いにアンサンブルしあうことになり、驚異的な効果が得られることをお約束します。

 良い音のする部品や線材はオーディオの世界ではたくさんあります。ところが音楽を再生する場合はこの良い音が演奏の再現を邪魔します。オーディオ部品の良い音と生演奏で現れる本当の良い音は質の上でも数の上でも大きく異なります。オーディオでの良い音というのは良い音色を意味する場合が多いのです。
 演奏家が自分の演奏に目的を持ってすれば音程、和音、倍音、他の楽器とのバランスに完成が起こります。ところが録音再生でその完成が崩れます。装置に個性があると元の演奏の音程や倍音が変形します。 分解能に優れ、音の伸びも音色も素晴らしいオーディオケーブルなのに、音程が元の演奏と異なって聴こえてしまう現象が起こります。音楽の再生ではなく音の再生ならドレミファがないので音程はありません。音程のある音楽の再生であるならクロックリベラメンテは良い音や優秀な物理特性が特長のデジタルオーディオケーブルに大きな差をつけます。音楽のジャンルによる向き、不向きは起こりません。ロックからクラシックまで、浪花節からバッハまで。一本一本が手造りでチューニングされています。高価な貴金属や、高純度の金属は音楽再生の良否とは直接関係していません。高価な材料や金属を使えば再生音が向上すると考えてはいけません。それよりも長さ、重さ、硬さと物理特性の関わりが重要です。ケーブル固有の振動数、振動の減衰率、振動のスペクトラムなどが音楽信号の音程や和声に深く関係しています。分解能やバランス、音色などとは別の重要な時間的、動的な現象と関わりが深いのです。

 周波数特性や耐ノイズ特性がとび抜けて良い高性能産業用同軸ケーブルを持ってしてもクロックリベラメンテの音楽再生能力にはかないません。クロックリベラメンテは物理的特性だけでなく、音楽信号のベースとなるクロックとデジタルデーターの理想的融合を重要視した材料と構造から構成されているからです。
 このように物理特性に視点をおいた産業用とは出発点からことなるケーブルであることだけでなくさらに徹底したヒアリングで一本一本がチューニングされ手造りされたものです。従来のケーブルと比較し、ソースに含まれる全ての音を引き出す、パルス的な音の重なりがあいまいにならない、空間のエコーと元の音がきれいに分離する、再現されてはいなかった演奏家のタッチやビブラートを完全に表現できる、ブルーノートはもちろん、調性感まで聞き分けることが可能、など音楽の再生に最も重要な部分が際立っています。再生がとても難しいバッハの多声音楽さえも濁ることなくあたかもアナログマスター再生のような表現となります。

使用上の注意:

 クロックリベラメンテケーブルの使用方法は一般的なオーディオケーブルと同じですが、信号の方向性はあります。ベストの音質を得るには方向を確認する必要があります。ただし御使用中の機器の電位差により、方向性が逆になる場合もあります。最終的にはヒアリングにて方向性を決めていただく必要があります。クロックリベラメンテケーブルはマーキングのある端子が信号の入り口側です。上記のように方向性は逆転する場合もありますので、マーキングは製造時の基準であり絶対的な方向性ではないことにご注意ください。音楽を聴いて好ましい接続方向をお選びください。

 クロックリベラメンテケーブルは産業用同軸ケーブルやデジタルリベラメンテケーブル、一般のオーディオ用デジタルケーブルとは異なり音楽信号をサポートするためのクロック信号を伝達する目的にしぼって調整がなされています。SPDIFなどデジタル信号を伝達する場合はクロックケーブルCKL-1.3BNCではなくデジタル信号専用のデジタルリベラメンテDGL-1.3BNCやDGL-1.3RCAを御使用ください。クロックリベラメンテCKL-1.3BNCは間違ってクロック信号でなくデジタル信号に使用しても信号の劣化はありませんが音質的にはDGL-1.3BNCやDGL-1.3RCAと比較して優位性はありません。反対にDGL-1.3BNCやDGL-1.3RCAをクロックケーブルに使用することは信号の劣化や音質の劣化を招きますのでご注意ください。
 CKL-1.3BNCをBNC-RCA変換コネクターを利用してRCA端子に接続する場合には通常の変換コネクターでは音質が劣化します。どうしても変換が必要な場合には必ずカナレ電気製造の75Ω設定の変換コネクターをご利用ください。

CKL-1.3BNC クロックケーブル 75ohms BNC端子付き  1.3m (税別価格)¥29,000-      

[規格]
●音楽録音再生専用クロックケーブル
●ヒアリング、手造りによる組立および整音
●高速伝送特性 
●高密度二重シールド構造による外来ノイズ遮断
●動作環境 オーディオ及びコンピューター機器
●構造 SDL(シンセティック・ダンピング・リキッド)により振動コントロールされた超高分子量繊維による整振 
100%の純毛を編み上げたウールケーブルジャケットおよびコットンケーブルジャケットによる音質調整

※2013年2月中旬発売予定

製造発売元:株式会社インフラノイズ
〒561-0812  ℡:06-6336-5005
大阪府豊中市北条町1丁目3番1号  いかりビル

※LIBERAMENTE 関連エントリー


« 導通向上クリーナーECI-100(その3) | メイン | 1/29の毎日新聞にJimmyJazzが紹介されました »

コメント

大量注文の方が続出しております(・_・;
注文のあった順に発送します。
少々お待ちいただきますが、御了承ください。

投稿者 Master : February 18, 2013 10:51 PM

お待たせしました。
販売を開始します。

投稿者 Master : February 18, 2013 12:13 AM

他メーカーのアクセサリーを使うと、伴奏のピアノがよくなった!とか、
ベースが下のほうまで出るようになったとか、脇役の演奏に耳が行くことが多いですが、
インフラノイズ製品のばあいは、主役つまり唄なら唄、ソロをとってるソリストが第一に良くなる。
もちろん伴奏も良くなってるんですけど、聴かせどころといいますか、
演奏者が聴かせたいところに焦点がピタッと合います。
CKリベラメンテは、特にそれが顕著ですね。じつに素晴らしいです。

投稿者 Master : February 17, 2013 05:54 PM

今朝製品版見本のCKリベラメンテが到着。
……。
何も言わずに二本目の注文入れました。
ずるいですか?(^^;;

投稿者 Master : February 16, 2013 05:25 PM

札幌のSさん、おめでとうございます。
GPS-777が入れば、もう勝ったようなもんです(笑

唯一の悩みのことですが、
受信部がベランダの端から突き出ている点ではAquiraxも状況は似ています。
一時はカラスの攻撃を受けてました(≧▽≦;)
時々、結露に気をつけてやる必要があります。
長く放置していたら、ビニールの覆いの中に水がたまって受信部も濡れていて焦りました。

>そして衝撃…「デジタルアラインメント」「ドミンゴエステソ」
これ何なんでしょうかね?
それぞれインフラノイズらしいネーミングですが、何の装置かさっぱりわからん(^^;

投稿者 Aquirax : February 16, 2013 01:42 PM

 GPS-777を(やっとの思いで)我が家に迎えて、ジェネレートのトグルスイッチを上に上げると… ちっか  ちっか と ランプが点滅する嬉しさ これだけでもう音楽聞かなくてもいいくらい
(というのは冗談で…)
 アナログリベラメンテの時もそうでしたが、”鳴らないCD”をかけてみました、佐野元春、Barbee Boys、YMO、(世代がわかりますねこれ)アナログリベラメンテの時は、余計な雑味がとれて、芳醇な感じがありましたが、此方クロックの追加の方は、ピントが合う感じ(ABS-7777よりも更にピントが合う感じ)ピントがあった分、うるささを感じないけれども、迫力がある感じです。
 唯一の悩みは、どうしても室内では受信せずに、アンテナをベランダに(しかもベランダの囲いの上に)出さなければならなかった事です。ビニール袋をかぶせてはいますが、寒暖で劣化するでしょうか…きっとするでしょうねえ…どうしましょうここは札幌だし(メーカーの推奨は15-28℃です)
 そんなこんなで、ジェネレートのランプが点滅した時は喜びもひとしおでした。さて、Aquiraxさんのコメントで、デジタル+アナログで(5)というものがありました。次はデジタルリベラメンテ欲しいなあと思いつつ、ついについにインフラノイズのHPできましたね そして衝撃…「デジタルアラインメント」「ドミンゴエステソ」…

投稿者 札幌のSさん : February 15, 2013 06:55 PM

インフラノイズの公式サイトが出来ましたので
お知らせします。まだ整備中ですので
不具合もありますがお許しください。
製品開発者の個人的?ブログもありますので
ごらんになってください。たぶんオーディオでの
タブー話とか秘話とか、書いてしまうと思われます。
どうぞよろしくお願いします。

 http://www.infranoise.net/

      ㈱インフラノイズ   

投稿者 お世話になります : February 15, 2013 10:46 AM

2月から春先は、なぜかシャンソンを聴きたくなりますが、
エディット・ピアフやジュリエット・グレコが
もうめちゃくちゃ素晴らしいですね~。
これまた去年とはえらい違い(^^;
当店の音もいよいよここまできたかと感慨深いです。

ちょっと想像しにくいですけれども、さらにCKリベラメンテが加わって、もっともっと良くなる予定(笑)

投稿者 Master : February 14, 2013 07:11 PM

まだ販売してませんが、商品ページは作りました。
メーカーからGOサインが出たら販売を開始します。
わたしもまだCK1.3-RCAを聴いてません。

投稿者 Master : February 12, 2013 06:27 PM

音楽の改変度合いで言えば、やっと、アナログ盤再生と対になった感じです。
ようやくデジタルの良さである細部の再現性が生きてきました。
どうせなら、レコードなんてあんな雑なものが聴けるか!ってぐらいになって欲しい(^^;

マスターテープの消失や劣化を考えると、
古い録音に関しては、アナログ盤をぶっちぎるのは難しいかもしれませんが、
70年代以降の録音なら、すでにデジタルが勝ってるようにも思えます。
つまり、Aquiraxがリアルタイムで聴いてきた音楽はアナログ盤に戻る意味を感じません。
でも、心からそう思えるようになったのは、極々最近、「リベラメンテ後」です。

投稿者 Aquirax : February 12, 2013 05:38 PM

リベラメンテのユーザーなら感覚的に理解できると思うんですけど、
「音楽の内容が変化しない」と言われても、
ピンとこない人が多いんじゃないでしょうか。
音楽の内容が変化しないなんて、そんなの当たり前じゃんと思ってスルーしてしまう。
ところが、リベラメンテを使うと、こんなに音楽を変化させて聴いていたのかと、きっと驚かれると思います。

投稿者 Master : February 10, 2013 04:21 PM

インフラノイズの頑張りに刺激されてか
年初からオーディオメーカーの動きが活発ですね!
こうでなくっちゃ面白くありません。

投稿者 Master : February 9, 2013 06:34 PM

ECI-100のような、いわゆるオーディオ的に効く製品を久々に使って思い知ったのは、
インフラノイズの一連の製品の効果がいかにぶっ飛んだものかということです。

同じく音質を向上させると言っても、狙っているものがまるで違います。
ECI-100は電気接点で生じる物理的な悪さを取るという点で有効な製品でしたが、
インフラノイズ社は音楽的な悪さを取るというところに集中しています。
もちろん音楽的悪さも物理的な方法で取っているので、別にお祓いをしているわけではありません(^^;
要は音楽表現に関わる悪さに照準を合わせているかどうかの問題です。

インフラノイズの製品では、ECI-100を使って物理的な悪さを回避できても、
その手の悪さからくる音楽的問題を別の角度からクリアーしているからか、
劇的に良くなることがありませんでした。

ところが、この新製品、クロック信号を通してさらなる改善を約束してます。
今回のますます自信にあふれた製品説明にクラッと来てしまいました(^^;

投稿者 Aquirax : February 8, 2013 10:27 PM

共同通信社ウエッブサイト Gaudioに
クロックリベラメンテCKL-1.3BNCが紹介されています。
http://www.pc-audio-fan.com/news/pc/20130207_27646/
これまでオーディオケーブルでは見られなかった
ワードクロック専用のケーブルです。
外部クロックを利用されているならどうしてもこれが
必要になるのは間違いないという自信作です。
よろしくお願いします。

                 ㈱インフラノイズ

投稿者 お世話になります : February 8, 2013 01:03 PM

アナログリベラメンテの感想が届いてますのでご紹介します。
=====================
JimmyJazz Master様

Mです。
LBA1.3-XLRが届いてから2週間が過ぎましたので、ここらで一報入れておこうと思います。

ケーブルを変えて最初に感じたのは「音楽が鳴ってる」ということ。
オーディオをやってると音楽性について語られることがありますが、
このケーブルは謳い文句通り「音楽」を聞かせてくれました。

元々高級ケーブルには興味がなく、モガミの2803で完結したと思っていました。
しかし、試しに最初で最後の投資をしてみるかと思い立ち購入に踏み切ったわけです。

前々からインフラノイズ製品には興味があったのですが、
家の環境ではアナログケーブルしか使えるものがない。
RCAケーブルでも良かったのですが、DACの端子間隔が狭くて干渉しそうだったのでXLRにしました。

私は音の傾向を言葉で表すのが嫌いなので書きませんが、私は「当たり」を引いたとはっきり言えます。
なんたってこの2週間、音楽を聞いている時間が前より大分長くなったのですから。

インフラノイズ様、Master様、ありがとうございました。

投稿者 Master : February 3, 2013 06:21 PM

すべてがクロックから始まったことを思えば、また凄いことになってる予感がします。

どれだけ凄いのか、想像が追いついてませんが、
ここまで来ると、凄くて当たり前なインフラノイズということで。
ジャズなら、オリジナルアナログ盤外周近くの鮮烈な音が延々と続いていく感じとか、
それがもっと緻密になってるとか、ひたすら妄想して待ってます(^^;

投稿者 Aquirax : January 29, 2013 05:43 PM