客待ち椅子はヴェルナー・パントン

パントンチェア

 もともとが客待ちスペース。でっかいスピーカーを置くための場所ではない。しかし、MasterのワガママでJBL4343を置いてしまい、お客さんの待つ場所がなくなった。
 申し訳程度に、木製ベンチを置いてみたが、ここに座ってもらうのは気の毒だ。特にお年寄りなど、背もたれもなく硬い長椅子に腰掛けてもらってると、なんだか老人を虐待しているような気になってくる(^^;

 そろそろなんとかせねばいかん。思い切って椅子を新調することにした。椅子くらい買い替えるのに、それほど思い切る必要があるのかと思うかもしれないが、小心者のMasterは、こういうことに慎重なのだ。
 まず、なによりも、置いてみたときに、見た感じがよいか、収まりがよく、店の内装にマッチするかどうかが重要だ。ある程度は想像できるが、こればかりは、実際に置いてみないとわからない。それに、もし何かの拍子にひっくり返ったりしたら、スピーカーがたいへんなことになる(お客は??)。

 見た目は大丈夫だったとして、今度は音響に悪影響が出ないかが心配なのだ。スピーカーの真ん前に、それなりの大きさの物を置くのだから、音に影響しないわけがない。音を吸いそうな布張りの椅子は不可。革張りなら良いかというとそうでもなく、最悪「ペナペナ」の反射音がする場合があるのでこれも怖い。今まで木製ベンチにしていたのは、いちばん悪影響がなさそうだから。ただし、これもたまにひっくり返る人がいてハラハラした(^^;

 結局、お気に入りの宿、福井県あわら温泉「八木」の露天風呂をまねて、ABS樹脂一体成型のパントンチェアを白黒色違いで二脚注文することにした。
 楽天市場で在庫ありだったものを注文したのだが、「注文が殺到しており、お待ちいただいてます」というメールが来て、待っていたのだが、いつまでたっても配送される気配がない。一ヶ月間待ちに待って、やっと「お待たせしました!商品が入荷しました」とメール。「在庫あり」とちゃうんかい!?(^^;
 で、届いたのがホワイト一脚。ブラックはまだ時間がかかるらしい。この間、楽天ショップ内では、まだ「在庫あり」として注文を受けてるのだから商魂たくましいというかなんというか。

 そしてようやくブラックが届いたのが昨日。11/16注文で12/18納品とは、さすがに気の長いわたしもまいった。
 心配していた見た目も、それほど違和感なく、音のほうも大丈夫。かえって良くなったのではないかと思えるほど。座り心地は、それほど良くもないけれど、いちおう背もたれもあるし、どうにか我慢できるレベル。ひっくり返ることもまずないだろう。

 そういうわけで、2013年のJimmyJazzは、モダンなパントンチェアでよろしくお願いします。


« お気に入りの場所 | メイン | おばあちゃんも感激のサウンド »

コメント