インフラノイズより高音質ワードクロック信号分配器"CCD-6"新発売
Infra Noise Laboratory CO.,LTD.
ORTHO SPECTRUM

高音質ワードクロック信号分配器
WORD CLOCK DISTRIBUTOR
MODEL  CCD-6

CCD-6

 ワードクロック分配器 CCD-6はクロックジェネレーターの出力するワードクロック信号を分配して複数のデジタル機器にワードクロックを接続可能にします。

 ワードクロックを分配するために、分岐コネクターやインピーダンス整合器を利用すると接続する機器同士が互いに干渉するため音質が劣化します。CCD-6は1つの出力に対して専用の回路を使いますので機器同士の干渉による音質劣化はありません。音質を優先した回路を開発採用し入力された高品質のクロックの精度、音質を劣化させることなく再出力します。

 録音時、マスタリング時はもちろん再生時に使用できます。独立した6つの出力回路を備え、2つの異なる周波数のワードクロックが同時入力可能で2系統の3出力に分配できます。具体的な例としては、44.1KHzの信号を接続すれば44.1KHzが3出力となります。同時に別の96KHzを接続すれば96KHzが3出力となります。44.1KHzと96KHzはお互いに干渉することなく3台づつの機器に接続可能となります。すなわち6台の機器にワードクロックを同時に分配できます。

[クロックコンバート機能の追加]

 CCD-6には追加機能として192KHzのワードクロックを10MHzの信号に変換する回路を追加装備するスペースを確保しています。例えば10MHzの外部クロック入力端子しか備えていないDAコンバーターなどにGPSクロックジェネレーターなどの192KHzの出力を10MHzに変換して接続することが可能となります。組み合わせる機器によっては有償で追加装備を搭載可能ですのでご希望の場合は直接インフラノイズまでお問い合わせください。全ての機器に対応できるものではないため、ご購入当初からの装備としてはご用意できませんのでご注意ください。 


[CCD-6規格]
●ワードクロックディストリビュター
●入力2系統 X 1端子、出力2系統 X 3端子
●クロック入力
BNCアンバランス/1.0V-5.0Vp-p/75Ω/矩形波及び正弦波、44.1KHz-----192KHz
●クロック出力
BNCアンバランス/6.0Vp-p/75Ω/矩形波、44.1KHz-----192KHz       
●安定化時間
10分(気温20℃)
●外形寸法
110(W)  X 48(H) X  165(D)mm
●重量430g
●消費電力
AC100V,50/60Hz,2.5W
●価格
¥35,000.-(税別)

製造発売元:株式会社インフラノイズ
〒561-0812  ℡:06-6336-5005
大阪府豊中市北条町1丁目3番1号  いかりビル




« インフラノイズより音楽録音再生専用デジタルケーブル"DIGITAL LIBERAMENTE"新発売 | メイン | これを食べれば毛が生える!?育毛に効く食材 »

コメント

DGリベラメンテ、今、聴き始めました。

誤解を恐れずに言うと、「何というあっけなさ・・・・・・」

最近よく聴いているCDをかけてます。新作で、アナログとの聞き比べができないソフト。
これまでどうあがいてもレコードからしか聞こえてこなかった音が鳴っています。

投稿者 Aquirax : November 23, 2012 12:46 PM

「USB-201導入あたりから加速してきた感があります」ということで、グッとくる感がありますが USB-101+GPS-777の組み合わせを実現すべく、がんばって働こうと思いました。そして、USB-301が出てくるのを心待ちにしたいと思います。

投稿者 札幌のSさん : November 18, 2012 12:13 PM

札幌のSさん
いつもお買い上げありがとうございます。

友人曰く、「ここ2~3年で、JimmyJazzの音は劇的に良くなった」とのことですので、
やはり、USB-201導入あたりから加速してきた感があります。
GPS-777からリベラメンテにかけて、さらにアクセルを踏み込んできましたので、次はどうなるのかと楽しみです。

投稿者 Master : November 16, 2012 07:21 PM

先日仕事で関空経由で京都に参りました「今年の夏に初JJしたときはあつかったなーと」懐かしく思いながら淀川を渡りました ショッキングなUSB-201の出荷停止… いつかと思っていましたのに 777もなくなるときが来るかしら
 CCV-6といい、発表前のデジタルケーブルといい、インフラノイズとしては、良質なクロックを供給できるような環境を供給しようという考えなのでしょうか
 何とかとりあえず777を導入できるようにがんばってゆこうかなと思いつつ、過去の記事を読み返したりしています
 やっぱり777 良さそう
 (でも201があったら、もっとよさそう)
 またよろしくお願いします

投稿者 札幌のSさん : November 16, 2012 01:16 PM

何故CCD-6が必要か?BNC分岐コネクターなど、簡便な方法もあるのではないかと思われる方がおられるかもしれません。
市販のBNC分岐コネクターはインピーダンスマッチングが取れていません。一方インピーダンスマッチングを取った簡便な分配器では出力が半減し、クロック入力がロックしない場合が出てきます。
参考:簡易分配器の回路設計
   http://www.mwave-lab.jp/divider.htm
そしてこれらの方法では被入力機器間の干渉を避けることができません。Mt.T2邸でGPS-777を2台使った実験で驚くほどの音質向上が認められたのはこういったインピーダンスマッチングと出力レベルの不整合や被入力機器間の干渉の問題を避けられたからと考えられます。
CCD-6の詳細仕様は明らかではありませんが、「機器同士の干渉による音質劣化を避けることができる」とあるので、こういった問題を解決しているのでしょう。
まずはディジタルケーブルの入れ替えが先決ですが、いずれ考えなければならないことだと思っております。

投稿者 酒仙坊 : November 15, 2012 11:48 AM