USB-201が入手困難に

 散髪のお客様が、パソコンとUSB端子で接続するD/Dコンバーター”USB-201”を買いたいと仰るので、さっそく製造元のインフラノイズ社に納期を問い合わせてみると、なんと現在、USB-201の製造はストップしており、製造再開時期未定というのである!?

 なんでも、使用パーツの価格高騰により、現行価格での製造が難しくなっているようなのだ。だからといって、値上げして売れるものでもなく、生産計画見直し中という、困った状態になってしまっている。

 すでに、USB-201のメーカー在庫は1台もなくて、勿論当店にもない。各店舗に在庫しているものがすべてであるから、購入を考えている人は、見つけたら即買わないと、最悪、二度と手に入らなくなるおそれもある(^^;

 インフラノイズは、当面、USB-201の後継機を出す予定もない。というのも、音質面に限っていうなら、GPS-777とCCV-5のコンビがあれば、わざわざPCオーディオを使うメリットがないのではないかという声も、社内ではあるそうだ。

 そうはいっても、PCオーディオにするか、それともCDでいくかというのは、ユーザーにとって大きな決断でもあるだろうし、USB-201の音質がずば抜けて素晴らしいだけに、今後入手できないというのは、本当に惜しい。
 できることなら、アップサンプリング機能を省略して、簡素化したものか、あるいは、DSD対応にした強化版の”USB-301”の開発を願いたいところだが、現在、そのような予定は一切ない。

 「インフラノイズ製品を買い占めておけば、将来オークションで高値がつくぞ」というのは、仲間内での冗談だったが、まさかこんなに早く入手困難になるとは。
 確認したところ、GPS-777、CCV-5、DAC-1、リベラメンテは大丈夫だが、いつでも手に入ると思ってたら、USB-201のように突如製造中止になることもあるので、どうかご注意ください。



« 砂の中の宝塔 | メイン | 秋は「あったま」で養毛洗髪 »

コメント

意味深なことを言いますが、本日で長らく抱えてきた
テーマであるデジアナ対決は終わります。
公に発言したかったので書きましたが
私的な意味ですので無視してください。
失礼しました。

投稿者 Ken : November 9, 2012 12:54 PM

ビンテージものはリスクがありますので人様には勧められません。悲しいかな、Plextorのドライブもビンテージになってしまいました。意外に見直しているのが、ブルーレイレコーダー。CDもかかり、HDDにリッピングできたり、同軸ディジタルの引き出しが可能なものがあります。DACも192KHz,32bitのチップが使われているものもあります。拙宅では同軸ディジタルの引き出しでCCV-5経由でCDも楽しんでいます。
SACD、ブルーレイ、DVD、CD何でも来いのプレイヤーもありますし、少し高いですが、近日発売のPANASONICのDMR-BZT9300はネットワークプレイヤーとしてハイレゾ音源もokというものです。こうなると一般家電と馬鹿にできません。

投稿者 酒仙坊 : November 1, 2012 04:52 AM

Aquiraxにとってもあこがれのフィリップス旧式メカ。
しかし一つ難があります。
ギリギリまで長く収録されたCDだと最後までかからないんですよね。
さすがに古くなって、いよいよメンテナンスの問題が厳しそう。
また、プレミア物として価格も高騰気味です。
Aquiraxの性分として、汎用品でフィリップスメカを超えたいと考え、
たどりついたのがCDのストリーミング再生を主とするPCトランスポートでした(^^;
超えられたかどうかは未確認ですが、その辺のトランスポートには負けません。

それが頭打ちになるようなら、また一からやり直すのも一興です。
しかし、現役のCDトランスポートは選択肢が限られてしまって、
正直、市場にはそそられる製品がまるでありません。
しばらくはUSB-101でねばりつつ、チャンスがあれば勝負をかけたい?と思います。

投稿者 Aquirax : October 31, 2012 09:24 PM

USB-201は現時点においてもPCオーディオの記念碑的な最高品質の製品だと思います。問題はインフラノイズがどうのこうのということではなくて、いいものを作ろうとした場合、半導体業界の現状としてオーディオ用の良いパーツが入手しにくくなっていること、あってもコスト上昇が著しいことがあると思います。
さらにPCオーディオの現状として、低コスト製品の氾濫や、CDプレイヤーやDACのおまけ機能が増えて、単体としてのDDCの存在価値を主張しにくくなっていることなどもあると思います。
最近あるところで誰も顧みなくなったようなプロ用のSRC(サンプリングレートコンバーター)兼DACが素晴らしい音で鳴っているのを聴いて、おかしいなと思ったところ、ビンテージ製品から剥ぎ取ってきたオペアンプやオーディオグレードのコンデンサーが換装されているとのことでした。このようにオーディオグレードの良いパーツがないことが一つの問題だと思います。低コスト製品で安いチップを並べただけというようなものでは音質的に満足できないでしょう。
こういったことはPCオーディオに限りません。小生もマランツSA11-S2を使用し、GPS-777から176.4KHzでクロック入力して使用していますが、トランスポートとして使用し、SA11-S2の後にGPS-777からクロック入力したCCV-5を加えて聴ける状況にしています。それでもフィリップスの旧式メカのEMT982や20年前のマランツCD-95の音楽の聴かせ方に敵いません。
もうCDは駄目だ、PCオーディオに限るとか、クロック入力さえできればいいとかということではなくて、どこまで設計者の音楽的センスが注入され、それに適った良いパーツが選択されているかが問題だと思います。


投稿者 酒仙坊 : October 31, 2012 05:25 AM

KT様、いつも当店をご利用いただきありがとうございます。
マランツSA-11S2はいけませんか。そうですか。
クロック入力があればなんでもいいってわけでもないのですね。

ところで、11月10日土曜、11日日曜に心斎橋で開催される
オーディオセッションin Osaka 2012では、
新製品デジタルリベラメンテ、CCD-6(高音質クロックデストリビューター)の発表と
GPS-777,CCV-5,DAC-1、リベラメンテを使った組み合わせで
CD再生のデモをやるそうです。

http://www.denden-town.or.jp/nasa/session/index.html

お時間がありましたら、ぜひご参加ください。

投稿者 Master : October 30, 2012 12:23 PM

初めて書き込みします、堺のUSB-101持ちのKTです。
201の101に対する優位性の一つとしてワードシンククロックの入力周波数が4倍
(当然201は101のブラッシュアップ版ですので、それだけではありませんが)
である事は大きいと思います。

実はGPS-777を購入した後に外部クロック入力がありモデル末期のマランツSA-11S2を安く入手できたので
(ものぐさでリッピングできていないCDが多数あるのでCDプレーヤでイケルなら助かると思い)GPS-777より44.1kを入れて音を出してみるとなんともザワつくいつものCDの音で青ざめたのですが
(一般論としてアナログ出力のあるCDプレーヤは内蔵DACの音質向上にリソースを割くので同軸アウトは高級機であってもオマケで音は悪いので同軸アウトを使うのであればCDトラポを導入するのが本来正しいそうです)
この機械は2倍、4倍のクロックも受け付けるので気を取り直して176.4kを入れてみるとザワつきが取れてかなり聴けるものになりました。
(とはいえ余程安くない限りCDトラポとしては大人しくCECのTL3Nを買った方が良いです)

この経験より4倍のクロックを入力して内部で44.1kに1/4して回路を動作させる事で
(CDPより出力されるSPDIF信号は44.1kなので)
同じクロック精度の信号を4倍高められた状態で利用できるのではないか?と考えています。
クロック精度が決まっている(というか同じGPS-777から出す)のであればできるだけ高い周波数で入れて内部で1/2、1/4してやった方が精度が高まるのではないかという仮説です。
(当然201は101のブラッシュアップ版ですので、それだけではありませんが)

ソース機器をもう一つ入手したのですが、それはまた日を改めます。

投稿者 KT : October 29, 2012 11:47 PM

USB-201は、たいへん手の込んだ造りになってますので、201の製造再開よりも、新たなUSBコンバーターを開発して出すほうが採算は取れるように思います(もちろん201を凌駕する音であることが前提ですが)。

問題は、インフラノイズがPCオーディオ部門を維持するかどうか。

もしPCオーディオから離脱しても、それ以外の部分で音を良くする製品を繰り出してくるでしょうから、201や101をだいじに使いながら、今後もシステムを成長させていくことは可能だと思います。

投稿者 Master : October 25, 2012 12:29 PM

いつも多弁なAquiraxですが、丸一日、絶句しておりました。
少し前に自宅試聴させていただいたのが、ひょっとして聴き納めだったか・・・

熟慮の末、CDプレーヤーに見切りをつけて、
USB=101を核としたPCトランスポートの再生音に磨きをかけてきた者としては、
CCV-5があればCDプレーヤーで行けると言われても、簡単にはうなずけません。
USB-201(or USB-101)があれば、セカンダリ接続だってできるし。

製造ラインを復活してもらうには、新規購入者を一定数募る必要があるのかな?

投稿者 Aquirax : October 25, 2012 12:13 AM