全国にファン?

 「やっと来れました!長年の念願がやっとかないましたよ」

 全国各地にJimmyJazzのファンがいるというのは、なにも朝日新聞の情報操作ではない。今朝も古くからのファンの方が、わざわざ東京から来てくださった。
 かえって、近所に住んでいながら怪しいと思って来てくれない人のほうが、じつは圧倒的に多いのだ(^^;

 「JBLがこういう音で鳴ってるのは、初めて聴きました」

 わりとよく言われる台詞だが、何度聴いても照れくさいものだ(^^ゞ

 「この音は、なんというか、ドキドキするんですよ」

 ドキドキ?そんなこと言われると、こっちがドキドキするじゃないですか( ̄▽ ̄;

 「機関車の音とか、川のせせらぎの音とか、そういうこけおどしじゃない…」

 う、うぅ?

 「わたしも楽器やるんですが、バッチリ決まったときの音というか…」

 無理矢理褒めてもらったので、このへんで言葉が尽きたようである(^^;

 まあ、それでもじつにありがたい。近所のお客もありがたいけれど、こうして遠方から、わざわざ散髪に来てくださるなんて、感激を通り越して恐縮してしまう。それだけの期待に応えられる仕事をしなくては。えっ?音のほうですか?(^^;;


« リベラメンテとエージング | メイン | JimmyJazz特製コースターの作り方 »

コメント

こちらこそありがとうございました。
先月は北海道から来てくださいましたし、インターネットがなかったら、こんなこと考えられません。ありがたいことです。

でも、わざわざ飛行機や新幹線に乗って聴きに来るほどの音でもありません(^^;

投稿者 Master : September 8, 2012 07:59 PM

その節はお世話になりました。いや、本当の話、お店に入った瞬間から、いきなりドキドキだったんです。緊張のせいではなくて、音のせいで。自分が実際に音楽を演奏したり(聴いたり)するときの快感にずっと近いというか。ハモリとかノリとか、きっとそういう「音楽的」な次元でいろんな工夫がなされるんだろうなあと、勝手に想像しています。どうもありがとうございました。また寄らせていただきます。

投稿者 Take : September 8, 2012 04:14 PM