リベラメンテ2セットめの威力

 「飾りじゃないのよケーブルは」のサブリミナル効果で、読者諸君にリベラメンテケーブルを買わせてやろうと企んでいたら、一晩中「かっざりじゃないのよケーブルは、ハッハー♪ 買いなといってるじゃないの、ホッホー♪」のメロディが自分の頭のなかでぐるぐる回って寝不足である(^^;

隙をついて注文していたリベラメンテ2セットめ

 ハッと気がついたら2セット目のリベラメンテを手にしていた。これは自宅用にしようかどうしようか迷ったのだが、家に帰るまで待ちきれるはずもなく、DAC-1とプリアンプの間に繋いでみた。

 おっ、変わるねえ。視界くっきり。クリンビューで拭きましょう♪安全よっと、すまん。寝不足で何を言いたいのかよくわからん(^^;
 いや、ケーブル足したのに、もっとよく見えるように(聞こえるように)なるから不思議。ホントは足したんじゃなくて交換したのであるが、三歩前進して演奏者に近づいたような感がある。

 そうなのだ。大掛かりなオーディオってのは、どうも音が遠くっていけない。遠くしてる犯人はケーブルだったのか。それに比べてリベラメンテのこのダイレクト感!!たまらんねえ~~~~!!!
 2セット3セットと繋いでも、絶対に鈍くならないという確信はあったものの、実際にやってみるとじつにお見事。ますますクリアーに視界が開けていく。リベラメンテ1ペアーで、まだまだと思っていたソフト(たとえばフランク・シナトラのベスト盤とか)も、もう1ペアー増やした途端に喜び勇んで鳴り出すではないか!

 う~ん、これでは外せない。自宅には持っていけない。こんなことなら、トリプルセットにしときゃよかったか、ハッハー♪だーかーらいったじゃないの~、ホッホ~♪なんだか唄が微妙に変わってるぞ(^^;

 雑誌にも出ず、店頭に並んでるわけでもないのに、「リベラメンテという、なんだかとんでもなくすごいケーブルがあるらしい」との噂が全国を駆け巡っているようだ。注文が来たと思ったら旧知のオーディオマニアの方で、ええっ?アナタが買うの?!と恐縮してしまうこともしばしば。過去にお世話になった方ばかりなので、ホントならタダで配りたいほどである(配らないけど)。

 また、リベラメンテを入手したら、あまりの音の良さにじっとしておれず、知り合いのマニアの家でひゅんひゅんひゅんひゅんと振り回し、敵を・・・、じゃなくてマニアをノックアウトするという、これまた悪い遊びが流行しているそうである(^^;

※LIBERAMENTE 関連エントリー


« 飾りじゃないのよケーブルは | メイン | 速報!7/12の朝日新聞にJimmyJazzが紹介されました »

コメント

今日はプリ-パワー間も逆送り(Passedシール側が下流)で、DAC-1-プリ間も逆送り。
微妙に音が変わるので悩ましい(^^;

投稿者 Master : July 13, 2012 05:02 PM

プリ-パワー間は順送り(Passedシール側が上流)でよかったのですが、DAC-1-プリ間は逆送り(Passedシール側が下流)になりました。規則はありませんので、各自でよりよい方向性を見つけてください。

投稿者 Master : July 12, 2012 02:47 PM

またやっちゃった>名無し(Anonymous)投稿

話は違いますが、
あの青いウールジャケット、アナログケーブルでもデジタルケーブルでも全長を覆っていますが、
機器のおまけ?電源ケーブルやムジカライザー(スピーカケーブル部)では一部分を覆うやり方でした。
インフラノイズが改めて電源ケーブルやスピーカケーブルを開発するとすごいものができそうです。
電源ケーブルだと制約がありそうですが、スピーカケーブルなんか出してくれないかなあ。

投稿者 Aquirax : July 12, 2012 12:51 AM

リベラメンテは「0mケーブルに向けての引き算」なのだと思います。
だから効果が重なれば重なるほど理想へと近づくんですね。

投稿者 Aquirax : July 12, 2012 12:27 AM