リベラメンッテ!(・∀・)

 なかなかオーディオケーブルを100本以上作ったことのある床屋というのもないと思うが、数は作っただけあって、市販のケーブルを見る目はずいぶん厳しくなった(^^;
 そこへいくと、このリベラメンテケーブルは見事なもので、寸分の狂いなく、きっちりインフラノイズが狙ったとおりの音に設計されている。ここまでしっかり造り込んだものでないと、「ケーブルはコンポーネントの一部だ」なんて、恥ずかしくて言えないと思うのだが・・・。

 ともかく、リベラメンテのおかげで、毎日仕事に行くのが楽しくてしょうがない。皆さんがリベラメンテを買ったら、きっと毎日帰宅するのが楽しくてしょうがなくなるだろう。あまり大きな声では言えないが、これはGPS-777以上の衝撃である。値段が約10分の一でこの効果というのもあるけれど、それを差し引いても、たとえば自宅のクロックなしのシステムにリベラメンテをパッと繋いだだけで、もうすんごく音が良くなるのである(^^;

 音が良くなると言うとまた語弊があるかもしれないので、もう少し詳しく言うと、最初は薄味で、こんなんで大丈夫なのかしらと思って聴いているうちに、昆布だしがだんだん煮詰まって旨味が増すように、音楽の良いところがじわーっと出てくる。
 それも、激変とはまた違うもので、自分のシステムの音がそのまんまでよくなる感じなのだ。

 こんなにいい物があるんだったら、GPS-777より前に出してくれたらよかったのに、と思うが、リベラメンテの開発には、GPS-777のテクノロジーがなくてはならないものだったというから、やはり物事には順序というのがあるんだなあと、妙に感心してしまった(^^;

 皆さんも、オーディオケーブルの2~3本はすでにお持ちで、いまさらケーブルなんて興味ないよ、もっと良いのを持ってるよと、食傷気味になってるかもしれないが、想像をはるかに超えて、このリベラメンテはすごい。オーディオシステムが、良い物であればあるほど、リベラメンテ効果は顕著に現れることだろう。

※LIBERAMENTE 関連エントリー


« News Release インフラノイズから音楽録音再生専用アナログケーブル LIBERAMENTE(リベラメンテ) 新発売 | メイン | ラジカセ以下の音? »

コメント