ジョー・ジョーンズ(ds) 『Jo Jones Trio』

ジョー・ジョーンズ(ds) 『Jo Jones Trio』

★★★★
 ベイシー楽団の名ドラマー、”パパ・ジョー”ことジョー・ジョーンズのリーダー作。ガサガサ、シャカシャカ、ワッサワッサと革の擦れる音の上にピアノとベースが乗っかって景気よくスイングする。両脇を固めるのはトミー&レイのブライアント兄弟。そのへんの机やら椅子やらを、一緒になって叩きながら聴けば楽しさ倍増。[6]のブラッシュワークは圧巻だが、これだと”フィリー”ジョーではないか?!自信漲るドラミングを披露するパパ・ジョーも、晩年は自分の偉大な功績が充分に評価されてないと思い、ずいぶん苦しんだという。気の毒に。[4]はドラム抜き。 

1. Sweet Georgia Brown
2. My Blue Heaven
3. Jive At Five
4. Greensleeves
5. When Your Lover Has Gone
6. Philadelphia Bound
7. Close Your Eyes
8. I Got Rhythm-Part I
9. I Got Rhythm-Part II
10. Embraceable You
11. Bebop Irishman
12. Little Susie

Ray Bryant (p),Tommy Bryant (b),Jo Jones (ds)
[Everest] Mar.1959.. NYC


« ズート・シムズ(ts) 『For Lady Day』 | メイン | News Release インフラノイズから音楽録音再生専用アナログケーブル LIBERAMENTE(リベラメンテ) 新発売 »

コメント