インフラノイズの新作RCAケーブルを入手

 皆さんよくご存知のように、わたしはオーディオケーブルのことになると注文が厳しい。いろんなメーカーから、使ってくださいと送ってきてくれるのだが、これが困る。わざわざ送りつけるくらいだから、Masterをギャフンといわせようと、たいてい向こうは自信満々である。

お馴染みのデザインを少しでも変えると、てきめんに音が悪くなるらしい

 だがこれが、ほぼ100パーセントはずれで、当店のシステムで使えない。だから別の意味でギャフンとなる。いや、なにもその製品が悪いといってるのではない。優秀なことは認めるが、わたしに合わないだけなのだ。 「ケーブルで音をよくしてやろう」「情報量を増やしてやろう」といったオーディオメーカーの狙いは、目指すものが違えば完璧に裏目に出る。何万円もするくせに、使えなくなるとトコトン使えないのがケーブルというものだ。こんな博打みたいな世界から足を洗おうと、あるときから、わたしは一切の市販オーディオ用ケーブルの使用をやめてしまった。

 今回もインフラノイズが新作RCAケーブルを出すという。いやな予感が的中。やっぱりJimmyJazzで繋げという。繋ぐだけならナンボでも繋ぐが、よくなかったときのあの気まずさは、なんとも耐え難いものがある。営業のE君がケーブルをぐいと差し出す。しょうがないので一応繋いでみることにした。
 見た目は、これまでの同社製デジタルケーブルと同じだが、中身の構造はまったく違うという。ケーブルの中身に構造なんてものがあることじたい不思議な気もするが・・・(^^;

 D/Aコンバーターとプリアンプ間を、新作RCAケーブルに交換。おっ?あまり違和感ないな?究極のケーブルとは、繋いでもまったく音が変わらないケーブルだというが、音の佇まいはまったく変化しないで、ささくれ立ったような粗い部分だけ改善されている。まるで仕立てのよい背広に着替えたような感覚だ。

(アレッ?これはいいかもしれないぞ??(^^;)

 時間も遅かったから、E君に頼み込んで新作ケーブルを貸してもらい、自宅でも聴いてみることにした。自宅はいま、iPod touchとRMS-1000、ONKYOの39,800円プリメイン、JBL S3100というシンプルな構成にしているが、RMS-1000とアンプ間に使ってみた。
 おっと、急いでいたのであまりiPodに曲が入ってない。ええい、とりあえず、レインボーの「キル・ザ・キング」だ!( ̄▽ ̄;

 やってみた人も少なくないと思うが、オーディオマニアがいくら頑張っても良い音で鳴らないのがレインボーというバンドである。おっ、「キル・ザ・キ~~~~~~~~~ング!」なかなかいいじゃないか。そういえば、E君がケーブルの方向を逆にして聴いてみてと言ってたのを思い出した。一時停止で逆に差し替える。そうすると、シンバルやドラムの音がやや強く、リズムのノリがよくなる傾向だ。コージー・パウエルって、こんなにうまかったのか!?スネアドラムの音がじつに良い!コージーーーーーーーーー!!
 「ロング・リブ・ロックンロール」も「ゲイツ・オブ・バビロン」も「アイ・サレンダー」もスキップすることなく、全編じっくり聴き込んでしまったではないか。レインボーをこんなに真剣に聴くなんて初めてだ(^^;

 いやあ、これは素晴らしい!ついに出たRCAケーブルの切り札といった感じ。もうまもなく発表になると思うが、もちろん当店で販売の予定。ご期待ください!

※LIBERAMENTE 関連エントリー


« ラジオ番組 村井裕弥の「これだ!オーディオ術 第一回」 | メイン | 究極のアナログケーブル”LIBERAMENTE(リベラメンテ)” »

コメント

> 対してMasterは、ほとんどの場合にダメを出します。

久々に爆笑してしまいました(笑)

まあ全否定はしませんが、そんな悉くダメ出ししてることもないでしょう(^^;

批評されるほうが偉くて、批評するほうは大して偉くないのが世の常ですので、もうちょっと値打ちが出るようわたしも精進したいと思います(^^;

投稿者 Master : May 30, 2012 11:53 AM

続きもので書いている内に話が長くなってきました。
ここは自分に巻きを入れようと思います。
クルクル・・・・・

インフラノイズの製品群がJimmyJazzのサイトで販売されるには、
もちろんMasterの製品に対する高い評価があってのことです。
しかし、これは一方的なものではなく、
まず、インフラノイズ社の側からのMasterに対する「Jazz耳」としての信頼があってのことです。

元々クラシック音楽を基準に製品を開発してきたインフラノイズ社が、
ジャズにも通じる製品を開発するにあたって、
まずモニターに選んだのがMasterでした。

社長の秋葉さんは、決して自分と似た感性のジャズ聴きを探したわけではありません。
未知と言っていいような音楽ジャンルに深く関わっていて、
類い希な感性でダメだしをすることができる人としてMasterを見い出したようです。
わたしが傍らで見ていたところでは、それはちょうど天才が天才を嗅ぎ分けるようなことでした。

わたしは元々インフラノイズ製品との相性が良く、
文句なくOKを出すタイプです。
つまり、「ジャズ耳」としては役に立たないわけです。
対してMasterは、ほとんどの場合にダメを出します。
数十万の製品をただであげると言われても、
聴いてダメならさっさと外してしまいます。

インフラノイズ社の近年の製品開発は、
元々クラシック再生に対する厳しい姿勢に加えて、
ジャズ聴きの耳を満足させる再生を目指しています。
インフラノイズ社の「クラシック耳」が、Masterの「ジャズ耳」と出会うことによって、
高次元の「音楽耳」を持つにいたったことが、USB-201などの製品を聴くとわかります。

一人の天才が創り、もう一人の天才が評価するケーブルの誕生。
それがわたしが今回のアナログケーブルに興奮する理由です。

おしまい

投稿者 Aquirax : May 29, 2012 08:28 PM

>誰も羨ましがってくれないような気がするのですが(^^;

孤高の存在ですからね。

そろそろ、ジャズみたいに、一般人からも注目されたり、
「カッコイイ」と言われる時代になるんじゃないでしょうか。

投稿者 Aquirax : May 29, 2012 06:24 PM

> 音楽的にジャズの再生音を評価する天才で
> しかも「音」にだって相当にうるさい。
> スーパーオーディオマニアです。

う、うれしいような、うれしくないような…
誰も羨ましがってくれないような気がするのですが(^^;

投稿者 Master : May 29, 2012 10:40 AM

持ち上げすぎかな(^^;

まあ、良いでしょう。本心ですから。
「世界一」と言ったわけでもないし(爆

投稿者 Aquirax : May 27, 2012 07:49 PM

仲間を得て意を強くする中、
「音」ではなく「音楽」でオーディオの再生音を評価する。
それが、一貫したわたしたちのスタンスです、と曲がりなりにも言える状態で、
わたしのオーディオ遍歴が続いていくことになりました。

音の違いに神経をとがらせるのが普通のオーディオマニアです。
その意味ではわたしもご多分に漏れません。
つまり、音については特に意識する必要はないわけです。
イヤでも気になるわけですから。

実は、音楽がどう聞こえているかに焦点を絞った評価こそが大切だと、
JimmyJazzのMasterとオーディオ的に関わる中で、
だんだんと身にしみて判るようになりました。
今さらナンですが、彼は音楽的にジャズの再生音を評価する天才です。
いわゆる「音」を評価する人(それが悪いわけではありません)では、
絶対にできないような判断をする人です。
しかも「音」にだって相当にうるさい。
スーパーオーディオマニアです。

続く

投稿者 Aquirax : May 27, 2012 07:47 PM

>DENONのCDプレーヤー
結局、エレキットの真空管CDプレーヤーに替えることになって、
DENONはMasterのご自宅に永久貸与になりました。
大阪に来てからあれを買って、音にガッカリさせられた分、
チューニングと称して散々遊ばせてもらって元は取りました。

オヤイデOCBー1はわたしも昔から愛用してました。
今ではオヤイデブランドは見かけも価格も高級感がありますが、
当時は樹脂製の箱で、いかにも電材屋さんのタップという外観でした。

千曲のタップは今はパソコン系で使ってます。

投稿者 Aquirax : May 27, 2012 03:16 PM

当時のAquiraxさんは千曲のタップとかDENONのCDプレーヤーとか、けっこうStereo誌ベストバイ的な機器をお持ちで、オヤイデOCBー1しか買えなかったわたしにはずいぶん羨ましく思えたものでした(^^;

では今から結婚式行ってきます。

投稿者 Master : May 27, 2012 07:26 AM

オーディオファンの感性や意識の退化・・・・なんて書くと、
Aquiraxごときがなに偉そうに、と思われたでしょうが、
まず、自分のことを言いたいのです。

わたしは10代の頃からレコードで音楽を聴いてきたわけですが、
第二世代あたりで初めて買ったCDプレーヤーの音の酷さを見抜けずに、
取り立てて良い音とは思わなかったものの、こんなものかな、と受け入れてしまい、
それでもちょっとしたことで音が変化するのを面白がっては、
それがオーディオマニアの工夫であるかのように思い込んでしまいました。

それでも、レコードとCDの音質の違いは感じていたみたいで、
レコードで聴き馴染んでいたジャズのCDを買うことが少なくなりました。
かと言って、クラシックのCDがまともに鳴るわけもなく、
結局、音楽よりも、音の変化に一喜一憂する「オーディオ・マニア」になっていきました。
それはそれで面白さがあるのは、今でもそうなのですが、
やはり本末転倒。
音楽鑑賞の手段としてある本来のオーディオの姿からは逸脱してしまいます。

大阪に移り住んで少し経った頃、15年前ぐらいから、
インターネットのオーディオサイトに出入りするようになりました。
わたしにとって良かったのは、オーディオのノウハウと同時に、
音楽の話を交わせる仲間に恵まれたことでした。

続く

投稿者 Aquirax : May 26, 2012 05:23 PM

まだ聴いてもいないRCAケーブルになぜこんなに興奮するかというと、
ケーブルをまともにチューニングして売り出せるメーカーは他にそうは無いからです。
インフラノイズは、再生音、音楽に関する判断基準をもっていて、
それを目指して製品を開発するメーカーです。

新製品が音質的に旧製品を上回ることって、
当たり前のようで、実は滅多にない。
それが、悲しいかな、オーディオ製品の現実です。

レコードからCDへの移行時にそれが顕著に現れました。
利便性は上がったけど、音質面では惨憺たるな結果でした。
ところが、デジタル再生音は、
それこそが正確で普遍的な音であるかのように喧伝されて、
そのまま通用するようになってしまい、
実は利便性だけが突出して進化していきました。
20年以上、オーディオ的には不毛の時代が続いたと思っています。

この年月は長すぎました。
データ伝送の技術として優れていたデジタル技術が、
オーディオ再生の技術と結びついて、それなりの結果を出す前に、
オーディオファンの感性や意識の退化が起こってきてしまったのです。

続く

投稿者 Aquirax : May 26, 2012 01:19 PM

なんか、珍しくケーブルで興奮して二重投稿してしまったみたい(^^;
いくらなんでもうざいので、消していただければ。

この数年で、インフラノイズの音のイメージが、
「クラシック向き」から「あらゆるジャンルをカヴァー」になってきました。
しかも、USB-201以降、すっかり完成形になっています。
相変わらずクラシック系マニアが新製品にほくそ笑んでいる傍らで、ジャズ系ポップス系が狂喜乱舞するという図になってます。

投稿者 Aquirax : May 25, 2012 06:03 PM

押しかけ試聴、大歓迎です。
ほんとは、使用ケーブルが押しかけ女房的に居座ってくれれば、もっと良いかも(^^;
冗談抜きで良さそうなので、製品版でたら試聴より先に買う予感。

投稿者 Aquirax : May 25, 2012 05:51 PM

ケーブル貸し出しするかどうかは未定ですけど、またE君とAquiraxさんのお宅に持って押しかけましょうか(^^;

リベラメンテをプリ~パワー間に入れるとアナログがめちゃ良いですよ(笑)
カートリッジ替えたみたいというか、針音まで激減してビックリしました(^^;
もうGPSいらん(それは嘘)

投稿者 Master : May 25, 2012 05:29 PM

>RCA(アンバランス仕様)とXLR(バランス仕様)

一組ずつあれば、ウチのシステムだとバッチリ!
フライング気味ですけど、試聴希望します。

投稿者 Aquirax : May 25, 2012 05:19 PM

新作ケーブルの名称と型番が決定したようです。
LIBERAMENTE(リベラメンテ)
LBA-1.3RCA
LBA-1.3XLR

長さが1.3mで、RCA(アンバランス仕様)とXLR(バランス仕様)の二種類。価格はまだ未定。

投稿者 Master : May 25, 2012 04:47 PM

いまプリ~パワー間に繋いでレコードを聴いてます。
『ミンガス・プレイズ・ピアノ』いいですね。素晴らしいです。

昔インフラノイズが5万円位で出してたベルカントケーブルもよかったですけど、もうこっちのほうが断然いいですね。

投稿者 Master : May 25, 2012 02:08 PM