ジュリー・ロンドン(vo) 『Latin In A Satin Mood』

ジュリー・ロンドン(vo) 『ラテン・イン・ア・サテン・ムード』

 10号鉢のアレカヤシを買って寝室に運び入れた。ラジカセで[1]をかけるなり、部屋がメキシコのリゾートに変身した。ああ、なんという心地よさ。男性コーラスに乗せて南風まで吹いてきそうだ。全曲ラテンナンバーで、ジュリーが気だるく色っぽく迫ってくる。どれもこれも良い曲だが、極めつけは情念の[6]か。店でかけてたら「ええ声やなあ~」としみじみ言った人がいた。部屋のアレカヤシは枯れてしまったのに、あの音が忘れられない。ジュリーの隠れベストはこれだ。 ★★★★★

1. フレネシー (Frenesi)
2. ビー・マイン・トゥナイト(ノーチェ・デ・ロンダ) (Be Mine Tonight)
3. ユアーズ(キエレメ・ムーチョ)
4. ベサメ・ムーチョ (Besame Mucho)
5. アディオス (Adios)
6. スウェイ(キエン・セラ) (Sway)
7. パーフィディア
8. カム・クローサー・トゥ・ミー(アセルカテ・マス)
9. アモール (Amor)
10. マジック・イズ・ザ・ムーンライト(テ・キエロ・ディヒステ) (Magic is the Moonlight)
11. ユー・ビロング・トゥ・マイ・ハート(ソラメンテ・ウナ・ベス)
12. ヴァイア・コン・ディオス

Julie London (vo),Ernie Freeman (arr)
[Liberty] 1963.

"南国ムードのジャズ特集"


« 炭酸水の力で髪に付着した化学物質を除去 | メイン | ラジオ番組 村井裕弥の「これだ!オーディオ術 第一回」 »

コメント

この手のCDって、プレス数が少ないですから、見かけたらすぐ買わないと廃盤になってしまいます。
1,800円で紙ジャケとは良い買い物をしましたね。
いっそ中古で出回ってる再発のアナログレコードを狙うのもいいかも?

これとロージーの『タバスコの香り』、それにペギー・リーの『ラテン・アラ・リー』もいいですね!ラテン最高!

投稿者 Master : June 3, 2012 01:16 PM

ジュリーの「ラテン・ムード」は長らくレアーCDとして市場から消えておりましたが、今年の3月に突如として紙ジャケで
発売(¥1800-)されました。・・・これで、レアーCDも暴落かと思いきや、すぐに売り切れ!、またぞや、レアーCDに~、小生、間一髪に購入しましたが、店主の批評通り内容が、よさげ過ぎです。我が家の家宝としますW

投稿者 杉ちゃん : June 3, 2012 09:13 AM