JimmyJazz post 2周年

 JimmyJazzのニュースレター兼チラシとして配布している”JimmyJazz post”が、いよいよ24号を数える。原則毎月発行であるから、もう2周年になるということだ。

JimmyJazz post 創刊号~20号

 本紙は、郵送するのではなく、徒歩で行ける範囲の顧客全員の郵便受けに、Masterみずから投函している(一部家内が投函するところもある)。
 長年JimmyJazzをご利用いただいてるのに、どこに住んでいるのかも知らない。また、客の立場からすると、JimmyJazzが何を考え、どういう仕組みになっているのか、ほとんどわからない。それに、毎月来て欲しいと思うならば、まず、こちらから出向いて行ってお願いにあがるのがスジというものではないか。

 そんな思いから始めたポスティングだが、じつは犬の散歩、運動不足解消、音楽鑑賞、顧客フォロー、新規集客の五つを同時に行うという荒業でもある(^^;

 最初の頃は、住所がよく掴めてないこともあり、暗闇のなかをぐるぐると何時間もさまよう毎日であったが、巡行のパターンができ、無理していっぺんに配ろうとしないのがコツとわかってから、楽に配れるようになってきた。

 「楽しみにしてるよ!」といってくださる方、何も言わないがしっかり読んでくださってる方、読んでるのかどうかさっぱりわからない方、と反応は様々。ご本人が読んでなくとも、奥様がしっかり見ていて、ナノサプリ・クレンジング・シャンプーを買いに来てくださる(美しい)奥様も数人いらっしゃる。

 新規客獲得のためのチラシとしても、けっこう効果があった。ふつう、新聞折込のチラシを何千枚と入れても、一人来ればいいほう。それに何度も業者に頼むとなると、それなりに費用もかかってくる。自分でやれば、かかるのは紙代とインク代のみ。
 自分ひとりでポスティングするから、そう大量に撒いた自覚はないけれど、ついでに投函したマンションのなかから、新規客がぽつぽつと来てくださることがあるから、確率としてはかなり高いと思う。

 記事内容は大半がブログと連動しているが、一部ブログ未公開の記事も織り交ぜてある。あと、ポスティング以外にも、店の内と外にカゴを設置しており誰でも持って帰れる。こんなものを欲しがる人がいるのか?それがいるのである。数が微妙に減ってる。風に飛ばされたのではない(^^;
 こないだも怪しい人(失礼!)が、パッと取って行くのを目撃した。散髪に来ればナンボでもあげるのに(^^;

 JimmyJazzならではのサービスとして、がむしゃらに続けてきたJimmyJazz post。他所はやってないぶん、たしかに労力はかかる。いつまで続けられるかわからないけれど、できなくなるまで続けたい。JimmyJazzがあなたに伝えたいことがあるかぎり。

 WEB先行予約ページへ 


« スタン・ゲッツ&ズート・シムズ(ts) 『The Brothers』 | メイン | 趣味給趣味足 »

コメント