スタン・ゲッツ&ズート・シムズ(ts) 『The Brothers』

スタン・ゲッツ&ズート・シムズ(ts) 『The Brothers』

 前半'49年のセッションは、レスター・ヤング派テナー5人衆の揃い踏み。ゲッツとズートは辛うじて聞き分けても、アレン・イーガー、ブリュー・ムーアとなるとちょっと自信ない。しかもザーザーとノイズがあってやたら聞き辛い。ところが後半'52年のほうは、ゲッツ不参加ながらビックリするほど録音が良い。ゲッツの名前で売りたかったから音が悪くてもA面にしたのだな。プレスティッジ社長、ボブ・ワインストックは、こういうきわどい抱き合わせ企画を得意とするなかなかの商売人。余裕の排気量でハイウェイを流すがごとき[11]はじつに快適(なぜか[9]と曲名が入れ替わってる)。 ★★★★

1. Five Brothers
2. Five Brothers (Alternate Take)
3. Battle Of The Saxes
4. Four And One Moore
5. Four And One Moore (Alternate Take)
6. Battleground
7. Battleground (Alternate Take)
8. The Red Door
9. Morning Fun
10. Tangerine
11. Zootcase

[1]-[7] Stan Getz,Zoot Sims,Al Cohn,Allen Eager,Brew Moore (ts),Walter Bishop (p),Percy Heath (b),Charlie Perry (ds) April 8. 1949.
[8]-[11] Zoot Sims,Al Cohn (ts),Kai Winding (tb),George Wallington (p),Percy Heath (b),Art Blakey (ds) Septemberl 8. 1952.
[Prestige] analog remasterd by Van Gelder


« インフラノイズGPS-777の威力はすごい! | メイン | JimmyJazz post 2周年 »

コメント