オスカー・ピーターソン(p) 『Motions & Emotions』

オスカー・ピーターソン(p) 『Motions & Emotions』

 アントニオ・カルロス・ジョビンのアレンジを手がけたクラウス・オガーマンのアレンジ・指揮によるオーケストラ入りポピュラーソング集。「ティファニーで朝食を」からマンシーニの[1]、ボビー・へブの名曲[2]、ビートルズの[8][9]とやりたい放題。しかしこれが素晴らしい。極めつけはジョビンの[6]。イパネマ海岸の穏やかな波が、だんだんと押し寄せる津波のごとく弾きまくるスペクタクル。ピアノの一音一音の粒立ちに力があり、乗りに乗っている。海とピーターソンは荒れるとこわい。 ★★★★★

1. Sally's Tomato
2. Sunny
3. By The Time I Get To Phoenix
4. Wandering
5. This Guy's In Love With You
6. Wave
7. Dreamsville
8. Yesterday
9. Eleanor Rigby
10. Ode To Billy Joe

Oscar Peterson (p),Sam Jones (b),Bobby Durham (ds),Claus Ogerman (arr, cond)
[MPS] Mar.1969. West Germany,


« マイルス・デイヴィス(tp) 『Someday My Prince Will Come』 | メイン | ネットで読んでも賢くならない?! »

コメント