白髪染めに関する雑学

 あとで「なんで教えてくれなかったんだよう」と、云われても困るので、一応お伝えしておくと、

「白髪は、染めると増える」。

これはもう、てきめんである。
 染料を販売しているメーカーは、「科学的な根拠がない」と言い張るけれど、真っ白な髪のお爺さん、お婆さんに、「昔、白髪染めしてませんでしたか?」と訊けば、ほぼ100%の確率で「染めていた」とお応えになるはず。
 染めずに放っておいて、ごま塩頭になることはあっても、なかなかそんなに全部真っ白にはならないものだ。

 頭髪も、常に外部から色を入れていると、自分で色素を作ることを止めてしまうようである。

 よく、わずか数本の白髪が気になるからといって、当店の「白髪ぼかし」や「スピード部分染め」を希望される方があるけれど、ほんとうにごく少量に白髪であれば、染めないほうがいいですよ、増えますよとお伝えしている。
 染めるのは、白髪が目立って目立って、もうどうしようもない、と、なってからでもいいのではないでしょうか。

 それと、「真っ白に染めてくれ」というリクエストも、ごくたまにあるが、黒い髪を真っ白に染色できる薬液は、いまのところどこのメーカーにも存在しない。
 黒い髪を、漂白(ブリーチ)剤で脱色していくと、だんだん茶髪から金髪になっていくけれど、完全に白くなるまでに髪がダメージで切れてしまう。
 よって、白髪に見せるために、ぎりぎりまで脱色した金髪に薄い青色や紫色を乗せるといったテクニックを使うところもあるようだが、いずれにしても、人工的に白髪にすることは、きわめて難しい。

 時々、髪が紫色のお婆さんを見かけることがある。あれも、白髪の黄ばみを抑えるために薄く紫色で染めていたのが、だんだんエスカレートしてああなってしまったのだと推測される。
 パンクではなかったのですね(^^;


« デューク・ピアソン(p) 『Profile』 | メイン | 聴くのが忙しい »

コメント