オスカー・ピーターソン(p) 『West Side Story』

オスカー・ピーターソン(p) 『ウエスト・サイド・ストーリー』

 「ジャズに名曲なし。名演あるのみ」というけれど、こちらはブロードウェイミュージカルのジャズアレンジもの。同名映画の写真が使われてるところをみると、ロードショウにあわせて企画されたのだろう。ジャズ初心者の頃に名演なのかどうなのかわからないまま聴いてたが、緻密なアレンジと装飾が施され、しかもジャズを聴く楽しさが溢れている。エド・シグペンのブラシが空気をかき混ぜ、レイ・ブラウンの豊かで美しい音色のピチカートと共に、絶妙のタイミングで合いの手が入る。今聴いてもお見事!な傑作。 ★★★★★

1. Something's Coming
2. Somewhere
3. Jet Song
4. Tonight
5. Maria
6. I Feel Pretty
7. Reprise

Oscar Peterson (p),Ray Brown (b),Ed Thigpen (ds)
[Verve] 24.25.Jan.1962. N.Y.


« シャキシャキ野菜にご用心 | メイン | 小さな工夫 »

コメント