コーヒー豆はふるいにかけろ!

残った微粉末だけで淹れてみたらやはりまずかった(^^;

 最近、挽いたコーヒー豆を入れてる缶の、豆の分量が残り少ないときに淹れたコーヒーが苦いことに気がついた。

 豆の分量が少なくなると、空気に触れて酸化しやすいから苦いのかと考え、冷蔵庫から小出しにして使うようにしてみたり、分量が少なくなるまえに新しい豆を混ぜて使ったり、いろいろ試行錯誤を繰り返した末、ははあ、この挽くときに細かくなりすぎた豆のカスから雑味が出るのだなと推理した。細かすぎる豆が沈殿するから、残り少ない豆は雑味が出て苦いんだ、きっとそうに違いない!

 おい、100均行って、”茶漉し”買ってきてくれ!と家内に命じる…、いや、お願いする。茶漉しで細かい豆をふるいにかけたら、多少なりともうまいコーヒーが飲めるのではないか。
 そこらに多少豆を飛び散らかしながら、茶漉しを振って豆をふるいにかけると、パウダー状の豆の粉末が下に落ちていく。ちょっと勿体ないなと思いつつも、茶漉しに残った豆をコーヒーメーカーにセットし、スイッチを入れる。

 おっ?これはちょっと違うぞ!

 粒が揃うと、抽出までうまくいくのだろうか、久しく嗅いだことのなかったコーヒーの良い香りが立ちのぼってきた。期待が膨らむ。
 味は雑味なく、予想どおり後味すっきり。残り少ない豆でも苦くない。これは大成功といえるのではないか。

 それからというもの、毎日せっせとコーヒー豆を茶漉しでふるいにかけるはめになり、かなりめんどくさい。めんどくさくてもジャズにコーヒーは欠かせない。

 あとで調べたら、デバイススタイルから、マイクロパウダーセパレーターという、コーヒー豆をふるいにかける器具が販売されていたのだった(今はなぜか販売停止中)。


« WEB予約特典 BASARA ジェルローション サンプルプレゼント! | メイン | インフラノイズの新製品・USB-201を聴いた! »

コメント

「電動茶せん」なんてものの存在じたい知りませんでした(^^;

投稿者 Master : November 16, 2010 09:24 AM

某茶道教室で「電動茶せん」に茶漉しをくくりつけて使ってました。茶漉しを振るうの面倒な場合にお勧めです。

投稿者 茶太郎 : November 14, 2010 08:12 PM

では、
エスプレッソは・・・・ 水出しこーひーは・・・ 珈琲パン、珈琲焼酎・・・

投稿者 大@神戸 : November 6, 2010 01:31 PM

すでに
それはやった…

投稿者 Master : November 5, 2010 01:23 PM

茶こしでふるいにかけた粉末はバリ・コーヒーに、、、
ならないですよねw

投稿者 ぎんたろー : November 4, 2010 03:54 PM