ケニー・ドーハム(tp) 『The Jazz Prophets Vol.1』

ケニー・ドーハム(tp) 『ザ・ジャズ・プロフェッツ』

 iPodの音の良さは高く評価するが、iPodで鳴らない類の音楽も無くはない。たとえば本盤なんかがそうで、ハードバップのコクとでもいうべきものが若干物足りない。特にブルースの[2]など、iPodだと「それがどうした」の演奏に聞こえるのが、JBLのスピーカーで鳴らせばタメが効いて気持ちが良い。エレガンテである。白眉はミュートで吹くバラードの[4]。[5]の導入部もゾクゾクする。ジャズ・メッセンジャーズ退団後にJ.R.モントローズと共に結成したコンボ”ザ・ジャズ・プロフェッツ”唯一の吹込み。”Vol.2”はない。 ★★★★

1. ザ・プロフェット
2. ブルース・エレガンテ
3. DX
4. ドント・エクスプレイン (Don't Explain)
5. タヒチ組曲

Kenny Dorham (tp),J.R. Monterose (ts),Dick Katz (p),Sam Jones (b),Arthur Edgehill (ds)
[ABC] 4, Apr. 1956. NYC,


« バッタ物イヤホンでiPod純正イヤホン復活 | メイン | JimmyJazz postのバックナンバーをファイリング »