クリフォード・ブラウン(tp),マックス・ローチ(ds) 『Brown and Roach Incorporated』

クリフォード・ブラウン(tp),マックス・ローチ(ds) 『Brown and Roach Incorporated』

 クリフォード・ブラウンとマックス・ローチ双頭コンボのエマーシー第一弾は、その名も『ブラウン&ローチ株式会社』。『Clifford Brown and Max Roach』と同時期の録音だが、最初に出すだけあって、まとまりのよさはこちらが上。後半、えー、彼が専務のリッチー君[4]、副社長のマックス君[5]、営業のハロルド君[6]、てな感じの社員紹介が入る。そして十八番の[7]、急速調で吹きまくるCEOブラウニーを煽る副社長マックス君、まるでシンバルだけがゆっくりスローモションで揺れるかのよう。[1]は「スイート・ジョージア・ブラウン」を元にしたオリジナル曲。 ★★★★★

1. スウィート・クリフォード
2. ゴースト・オブ・ア・チャンス ((I Don't Stand) A Ghost Of A Chance With You)
3. サヴォイでストンプ (Stompin' at the Savoy)
4. アイル・ストリング・アロング・ウィズ・ユー
5. ミルダマ(コンプリート・ヴァージョン)
6. ダーン・ザット・ドリーム (Darn That Dream)
7. アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー (I Get a Kick Out of You)
8. スウィート・クリフォード(クリフォーズ・ファンタジー)(エキストラクト)
9. ゴースト・オブ・ア・チャンス(別テイク)
10. アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー(別テイク)

Clifford Brown (tp),Max Roach (ds),Harold Land (ts),George Morrow (b),Richie Powell (p)
[EmArcy] 3,5,6,Aug.1954. LA,


« マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis At Carnegie Hall 』 | メイン | ナノサプリ・エッセンスコンデも取り扱い開始 »

コメント

コメントしてください(承認制)




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)