代打カントリーマアム

不二家カントリーマアム

 年初以来、絶大な人気をもって当店のカウンタースペースに君臨したロッテのチョコパイだが、暖かくなるにつれ、チョコレートが溶けてベタベタするようになってきた。これはいかん。そこで夏でも溶けないお茶菓子として、不二家カントリーマアムをピンチヒッターに起用。これもうまい。できれば皿に盛って電子レンジで温めたいほどである(^^;


« 床屋の安楽椅子 | メイン | マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis At Carnegie Hall 』 »

コメント

溶けない(解けない)、それは一関の誰かのよう。
「セミの声彼だけが知る1ワットの貴重さ」
もうあがり、もう誰も何も言わない彼の音、わたしはカルマンマキの私は風なんぞ聞きながら思い出してみる。映像は音楽。
休みの日、朝起きて、3合はすでに飲んでいる、こういう「ぶっ壊れ方」が好き。
「お前、さっきイモったろう…?」、ん?、まぁそんな気もする。

投稿者 小川清二 : May 16, 2010 10:08 AM

ロッテのチョコパイ、不二家カントリーマアム、共に我が家の常備菓子だったことがあります。
カントリーマアムのバニラにはちょっと餡が入っているとか。

投稿者 Aquirax : May 14, 2010 07:21 PM