床屋の安楽椅子

シグマ21

 「この椅子、家にも一台欲しいなあ」
 当店の施術椅子(タカラベルモント社製シグマ21)に座った方は、皆そう仰ってくださる。

 今を遡ること22年前、JimmyJazzオープンに向けて什器の購入を検討していたわたしは、デザインはほぼ同じで、価格が十万円ほど安い他メーカーの施術椅子にしようと考えていた。四台購入するつもりであるから、シグマ21との価格差約50万弱。シグマ21のほうがちょっとカッコイイかなと思いつつも、少しでも予算を浮かせたいわたしの心はほぼ決まっていた。

 念のため、ショールームに足を運んで、実物を見、座ってみた。すると、もう全然違うのである!他メーカーの椅子は、座っても腰が浮いた感じでしっくりこないのに比べ、シグマ21のほうは、座った途端に安堵のため息が出た。これしかない。即座にタカラの申し込み書にハンコをついた。

 それから約10年後、「この椅子って高いんだろ?」「こんなふうに上げ下げしたり、倒したりするだけなら、安く中国で作らせりゃ大儲けだ」商社にお勤めのお客様が、鼻息荒くそう仰る。
 そうですねえ。電動で上げ下げするだけなら簡単でしょう。ただし、それが座り心地がいいとは限りませんよ。

 サロンでお客様は、長い間、1時間も2時間も座らされるのだ。その椅子に求められるのは、なんといっても長時間座って疲れないということ。それは単なる電動器具としてでなく、人に触れる家具としてのノウハウが重要なのだ。
 おかげさまで、当店の施術椅子は今も現役で、JimmyJazzで散髪する気持ちよさを、影ながら支えてくれている。

 じゃあ、なんで客待ちスペースの椅子はあんなに硬くて座り心地が悪いんだというツッコミは勘弁してください(^^;

WEB先行予約ページへ


« ギル・エヴァンス(p,arr.cond) 『ギル・エヴァンスの個性と発展』 | メイン | 代打カントリーマアム »

コメント

調子に乗って、もう一言(笑

あれで客待ちの椅子の座り心地が良かったら、もう家に帰れなくなります(^^;

投稿者 Aquirax : May 15, 2010 06:35 PM

本エントリーはJimmyJazz post掲載用に書いたんですが、
Aquiraxさんのナイスなコメントも「お客様の声」として使わせてもらいます(^^;

投稿者 Master : May 15, 2010 04:42 PM

なるほど、確かにあれだけ心地よい椅子はめったに無いでしょうね。
あれが当たり前になると、他の理容室には行けません。

投稿者 Aquirax : May 14, 2010 07:33 PM