プロモーション動画を作ってみた


« 道具を馬鹿にする愚か者 | メイン | カラオケの音質 »

コメント

ついったーネームはJimmyJazz4343でございます~

投稿者 Master : March 24, 2010 04:03 PM

久しぶりにJJブログひらいたら、いきなりプロモーション動画にびっくりです!

マスターらしい仕上がりですね・・・

ますますバージョンアップ!(?)

twitterの名前よかったら教えて下さい!

投稿者 issy : March 23, 2010 06:39 PM

自分を鍛えるためにブラインドテストは一人でもできます。PCや携帯プレイヤーでランダム再生をかけて気楽にやればいいのです。
結果的にテストしているつもりが、自分の能力を測られていることが分かります。ですから、生半可にプライドのある人には向きません。まずは、"nosce te ipsum"(汝自身を知れ)ですね。余談ですが、この格言はソクラテスと思っていましたが、7つの説があるそうです。
例えば、インフラノイズのディジタルケーブルを取り上げて二人のオーディオ評論家が2つの雑誌で評を書いておられます。自分の印象と突き合わせてみると「汝自身を知れ」ということになります。こういう見方、聴き方もあるのかということですね。
自分はクラシックを50年聴いてきた、オーディオを40年やってきたなんて、あまり意味がありません。クラシックを聴く人には岡田暁生著「音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉」(中公新書)が参考になります。

投稿者 越の聴楽酒仙坊 : March 21, 2010 04:56 AM

JJに来たことのない人がここまで店内を詳細に見せられると、
そこに居るMasterってどんな感じの人なの?ってとこがますます気になるでしょうね(^^;

>酒仙坊さん
元々おとなしいんです(笑
いざケンカになるととことんやるだけです(爆

ブラインドテストで聴力を上げる訓練は勘弁してほしいです。
ブラインドは面白いと思いますけど、
気楽に聞いてみて何か判れば儲けもの、というぐらいのスタンスが良いです。
本気で「テスト」としてやるのなら、
むしろ、大量にデータを集めて分析かけて結果を出すところまでやりたいですが、それも難しいですね。
そこまで大勢のマニアを集めるって、JJ工房を介したとしてもなかなか大変。
音大の先生とかが学生使ってデータを採るとかすると面白いと思いますけどね。

投稿者 Aquirax : March 20, 2010 08:19 PM

なるほど、コンサートホールやホテルの案内にこういうのが良くありますが、個人営業の店では珍しいですね。Aquilaxさんやぎんたろうさんの生演奏で迎えてくれると最高です。
ところで、オーディオ誌の最新号を見ていると著名オーディオ評論家がUSB-5を自分でも使っているという記事がありました。あるオーディオ誌でもUSBメモリーからの再生用にUSB-5をリファレンスとして使っているらしいです。
昨年今頃のUSBメモリーで音が変わる、変わらないの大議論はどこへ行ってしまったんでしょう。USBケーブルもたくさん出てきましたが、USBケーブルなんかで音が変わるかなんて議論も出ませね。
論客のAquilaxさんも昨年のブラインドテスト以降、すっかりおとなしいし、ブラインドテストでもばんばんやって体力、いや聴力を涵養しないといけないのでは?

投稿者 越の聴楽酒仙坊 : March 20, 2010 11:05 AM