デューク・エリントン(p) 『極東組曲』

デューク・エリントン(p) 『Far East Suite』

 エリントンの目から見た中近東、アジア、そして日本の印象を組曲として完成させた。キワモノかと思ったら、なかなかの傑作である。[1]は、お馴染ポール・ゴンザルヴェスのテナーが、注意深く、緊張感をもって異国の地をキョロキョロと観察するさまを想像させる。クラシック音楽を思わせるクラリネットの導入部から、堂々としたエリントン・オーケストラのアンサンブルに発展する[2]。ホッジスのバラード[3]はお決まりの展開。特筆すべきは[6]、新顔のドラマー、ルーファス・ジョーンズが、これまでのエリントン楽団にない効果的な新しいリズムを生み出している。このヘンテコリンなブルースは癖になりそう! ★★★★★

1. Tourist Point of View (旅行者の目)
2. Bluebird of Delhi (Mynah) (デリーの青い鳥)
3. Isfahan
4. Depk
5. Mount Harissa

6. Blue Pepper (Far East of the Blues)
7. Agra
8. Amad
9. Ad Lib on Nippon

10. Tourist Point of View [Alternate Take][#][*]
11. Amad [Alternate Take][#][*]
12. Bluebird of Delhi (Mynah) [Alternate Take][*]
13. Bluebird of Delhi (Mynah) [Alternate Take][#][*]
14. Isfahan [Alternate Take][*]
15. Depk [Alternate Take][#][*]
16. Mount Harissa [Alternate Take][#][*]

Duke Ellington (p),Harry Carney,Russell Procope,Johnny Hodges,Jimmy Hamilton,Paul Gonsalves (reeds),Cootie Williams,William "Cat" Anderson,Mercer Ellington,Herbie Jones (trumpets),Lawrence Brown,Buster Cooper,Chuck Connors (tb),John Lamb (b),Rufus Jones (ds),Billy Strayhorn (arr)

[RCA] [1][8]19, [3][7][9]20, [2][4][5][6]21, Dec.1966.N.Y. RCA Victor's studio A, Engineer:Ed Begley


« モニカ・ルイスのフライトジャケット | メイン | アストラッド・ジルベルト(vo) 『Windy』 »