当店おすすめ石鹸シャンプー

 JimmyJazzでは、20年以上ずっとルベル・ナチュラル ヘアソープ(シーウィード)とトリートメント(ウィートプロテイン)を使用している。その前にちょっと他のシャンプーを使っていたが、なにしろ従業員の手荒れがひどいのだ。
 「ヘアソープ」という、当時まだ珍しく、聞き慣れない名前の「石鹸シャンプー」。ダメージヘア用の”シーウィード”を使うようになって、従業員たちは手荒れの苦しみから一気に解放された。

 ルベル・ナチュラル ヘアソープの商品ラインアップは以下のとおり。


ルベル
ナチュラルヘアソープ SW

NHS SW(シーウィード)  ダメージヘア用シャンプー

NHS MG(マリーゴールド) ベタつく髪/頭皮用シャンプー

NHS JO(ホホバ) 乾燥する髪/頭皮用シャンプー

NHT WP(ウィートプロテイン) ダメージヘア用トリートメント

 ”シーウィード”を使っているのは、ダメージヘア用なので、どんな顧客にも対応できるのと、ビジュアル的にも見た目が”黒い”。正確には海草の深いグリーンなのだが、パッと見ると黒い。意外とここが重要。
 ボトルがよくある白とか、微妙なパステルカラーだと、当店のジャジーな(?)インテリアに合わないのは当然のこと。茶色の”ホホバ”や、橙の”マリーゴールド”も悪くないが、やはり透明ボトルに黒い液体の”シーウィード”がしっくりくるのだ。
 (余談だが、ルベル主催の商品ディスプレイコンテストに入選したこともある)

 どんな石鹸シャンプーを使えばいいのかと尋ねられたら、「そらもう絶対これにしときなはれ!」と言いたいところだが、ドラッグストアで特売をやってる前出の”T”や”P”に比べると、かなり値が張るのも確か。たまに薬局でシャンプーの値段を見たら、「シーウィード(1,000円/200ml)の小瓶を買う値段で、この大きいボトルが買えてしまうのか!」とショックを受ける。これじゃあ当店でシャンプーが売れないわけだ。何も知らずに値段だけ見たら、完全なボッタクリではないか。

 しかし、ドラッグストアには、”T”や”P”よりさらに安いシャンプーだって売ってるわけで、それよりも値の張る”T”や”P”のほうが売れてるということは、やはり「安物より、そこそこのクラスのものを使いたい」という心理が働いてるのだろう。

 ところで、ナチュラル ヘアソープのボトルには、「ヘアサロン専売品」と表記してある。これはヘアサロン、つまり理・美容室以外で買えないという意味で、メーカーもヘアサロン以外に卸すことは一切しない。よって、当店で買うと定価販売である。
 「ヘアサロン専売品」のはずなのに、どういうわけかドンキホーテや楽天で大幅に値引きして売られているから参ってしまう。人気商品だから中間卸業者が横流しするのである。

 ヘアサロン専売品とは、サロンでお客様におすすめして買っていただき、その後も継続的にリピート購入してもらって、サロンにもお客様にもメリットがあるというのが前提の商品。しかし、いくら気に入っても、他所で同じ物を安売りしてるのを発見すれば、次からそちらで買うのは当然だろう。横流し品だから買うなとは言えない。前提はすでに崩壊している。
 もっとはっきり言うと、安売りしてる値段と、ディーラーから当店に入ってくる値段はほぼ同じなので、定価と安売り価格との差額が当店の利益分なのだ。

 よって、このブログをご覧の皆さんは、遠慮なく楽天でナチュラル ヘアソープの最安値のものを購入されたらよいと思う。この値段なら、継続して使い続けるのも、さほど苦にならないはず。石鹸シャンプーにありがちな、髪のきしみやガサツキもなく、しっとり艶やか。良品です。

関連エントリー"なんだか最近髪に元気がない"


« じつは使って欲しくないシャンプーがあります | メイン | エラ・フィッツジェラルド (vo) 『Songs In A Mellow Mood』 »