スタン・ゲッツ(ts) 『Stan Getz Quartets』
Amazonで詳細を見る
スタン・ゲッツ(ts) 『Stan Getz Quartets』

 ウディ・ハーマン楽団から独立したゲッツ初期の名盤。高音域を多用していて、まるでウォーン・マーシュやリー・コニッツみたい。20代前半とあって、まだ身体ができてないのか、あの横隔膜を大きく震わす深々としたテナーの音は出しきれてないが、その分若々しくさえずるがごときアドリブの閃きが天才的。[4]は最高にゲッツらしいソロが聴ける。アル・ヘイグも宝石をちりばめたようなピアノで好サポート。小声で内緒話を囁くようなバラードの[6]、ドン・ラモンドのラテン風リズムに乗って変幻自在のフレーズを繰り出す[12]も傾聴のこと。 ★★★★

1. There's a Small Hotel
2. I've Got You Under My Skin
3. What's New?
4. Too Marvelous for Words
5. You Stepped Out of a Dream
6. My Old Flame
7. My Old Flame [Alternate Take][*]
8. Long Island Sound
9. Indian Summer
10. Mar-CIA
11. Crazy Chords
12. Lady in Red
13. Lady in Red [Alternate Take][*]
14. Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)

Stan Getz (ts)
[8][9][10][11] Al Haig (p),Gene Ramey (b),Stan Levey (ds) NYC, June 21, 1949.
[1][2][3][4] Al Haig (p),Tommy Potter (b),Roy Haynes (ds) NYC, January 6, 1950.
[5][6][7][12][13][14] Tony Aless (p),Percy Heath (b),Don Lamond (ds) NYC, April 14, 1950.
[Prestige]


« シェリー・マン(ds) 『My Fair Lady』 | メイン | クリス・コナー(vo) 『バードランドの子守唄』 »