山本邦山(尺八),菊地雅章(p) 『銀界』
Amazonで詳細を見る
山本邦山(尺八),菊地雅章(p) 『銀界』

 待ちに待った再発。この機会にこれはなんとしても入手していただきたい和製ジャズの大傑作。特に年末からお正月には欠かせない一枚だ。人間国宝・山本邦山の奏でる尺八の音色は、我々を幽玄の世界へといざなう。菊地雅章のピアノ、ゲイリー・ピーコックのベースも、ヨーロッパ的な音階をうまく避けながら、和の響きを作り出すことに成功している。いや、それ以前に、邦楽の持つ静寂の美を体現したからこそ、ここまで美しい音楽が出来上がったのだ。ジャズというカテゴリーを超え、日本の伝統的な美しさを再発見できること間違いなし。 ★★★★★

1. 序
2. 銀界
3. 竜安寺の石庭
4. 驟雨
5. 沢之瀬
6. 終

山本 邦山 (尺八),菊地 雅章 (p),Gary Peacock (b),村上 寛 (ds)
[Philips] 15,20. Oct.1970. Victor Studio.Japan. Engineer:Norio Yoshizawa


« アート・ペッパー(as) 『The Return of Art Pepper』 | メイン | クリス・コナー(vo) 『Chris』 »