マイルス・デイヴィス(tp) 『At Fillmore: Live at the Fillmore East』
Amazonで詳細を見る
マイルス・デイヴィス(tp) 『At Fillmore: Live at the Fillmore East』

 マイルスのばあい、いつも凄いのだが、どんな職業であれ、もっとも脂の乗った時期というのがあるもので、こと”トランペット力”についていうと、『ビッチェズ・ブリュー』あたりから本作にかけてのちょうどこの時期。オープントランペットの一吹きは、ジャズ・トランペッターの最高峰というべき気迫と輝きが備わっている。パパラッと吹くだけで痺れてしまう。サッチモもブラウニーも敵わない、そらもう凄い音色、まさに”トランペット力”なのだ。この後マイルスは、ベルにマイクをつけ、ワウワウペダルを使ったりして、力いっぱい吹かなくなってしまう。うーん惜しい。キースとチックのWキーボードを従えた、ロックの殿堂「フィルモア・イースト」での4日間を収めた実況盤。見開きのジャケット写真が最高にカッコイイ! ★★★★

Disc:1
1. Directions [Wednesday Miles]
2. Bitches Brew [Wednesday Miles]
3. Mask [Wednesday Miles]
4. It's About That Time [Wednesday Miles]
5. Bitches Brew/The Theme [Wednesday Miles]
6. Directions [Thursday Miles]
7. Mask [Thursday Miles]
8. It's About That Time [Thursday Miles]

Disc:2
1. It's About That Time [Friday Miles]
2. I Fall in Love Too Easily [Friday Miles]
3. Sanctuary (Saturday Miles)
4. Bitches Brew (Saturday Miles)
5. It's About That Time (Saturday Miles)
6. I Fall in Love Too Easily (Saturday Miles)
7. Sanctuary (Saturday Miles)
8. Bitches Brew (Saturday Miles)
9. Willie Nelson/The Theme (Saturday Miles)

Miles Davis (tp),Steve Grossman (ss),Keith Jarrett (org),Chick Corea (el-p),Dave Holland (el-b),Jack DeJohnette (ds),Airto Moreira (perc)
[Columbia]
[Wednesday Miles], 17,Jun.
[Thursday Miles], 18,Jun.
[Friday Miles], 19,Jun.
[Saturday Miles], 20,Jun. 1970. "Fillmore East Auditorium", NYC,


« ウエス・モンゴメリー(g) 『The Wes Montgomery Trio - A Dynamic New Sound』 | メイン | 期日前投票に行ってきた »

コメント