ジョー・パス(g) 『Intercontinental』

ジョー・パス(g) 『Intercontinental』

 ドイツ、フィリンゲン録音。ドラムはケニー・クラーク(1914/1/9 - 1985/1/26)か、と思ってよく見たらケニー・クレア(1929/6/8 - 1984/12/21)だった。紛らわしい名前でドラムを叩くんじゃない。しかし、[4]などのサワサワと静かなブラッシュワークはやはりケニー・クラークを彷彿とさせる、確信犯の英国人。ギタートリオで、たっぷりしたリバーブがシュールな空間を埋める。印象は少々地味だが、軽快に、粋なフレーズを繰り出すジャズギターは大人のお喋りを邪魔しない。バーやラウンジのBGMに最適。 ★★★☆☆

1. クロー
2. メディテーション (Meditation)
3. アイ・カヴァー・ザ・ウォーターフロント (.I Cover the Waterfront)
4. アイ・ラヴ・ユー (I Love You)
5. サヴォイでストンプ (Stompin' at the Savoy)
6. ウォッチ・ホワット・ハプンズ (Watch What Happens)
7. ジョーズ・ブルース
8. エル・ジェント
9. ビリー・ジョーの唄 (Ode To Billy Joe)
10. リル・ダーリン (Li'l Darlin')

Joe Pass (g),Eberhard Weber (b),Kenny Clare (ds)
[MPS] Jun.1970. MPS‐Tonstudio villingen engineer:Roll Donner


« 他所でUSB-101とDAC-1を繋いだら... | メイン | ナラ・レオン(vo) 『美しきボサノヴァのミューズ』 »

コメント